« 風邪 | トップページ | ドトールのコーヒービーンズチョコ »

2005年11月18日 (金)

「ケータイ業界30兆円の行方 キャリア再編のシナリオ」



ケータイ業界30兆円の行方 キャリア再編のシナリオ

i-modeの開発成功体験本の出版ラッシュから、ドコモ叩き本時代に入っていますが、最近こんな本↑が出てきました。
携帯電話に新規参入組3社(ソフトバンク、イー・アクセス、アイピーモバイル)が決まり、各社それぞれどんなことを狙ってるのかな?ときになるところですが、そんな話も書いてありました。戦略が似ているようで結構違うという分析で、各社の強み・弱みまで書かれていて、なるほどと納得できる内容でした。
既存組の戦略の違いについてもいろいろ書いてあり、auは"若者をデータ通信で遊ぶ環境で育て、歳をとってもデー通信を使い続けてもらうことで収入を確保する"戦略だそうです。ドコモは"決済事業で収入を確保する"と書かれていました。この戦略分析に限らず、この作者は結構冷静な分析をしてるなと感じました。
あと、FMC・MVNO・WiMAXなど、キーワードの勉強にもいい感じです。某it-me○iaよりしっかりした分析。(笑)

というわけで、オススメです。
評価:★★★★☆

|

« 風邪 | トップページ | ドトールのコーヒービーンズチョコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/7194609

この記事へのトラックバック一覧です: 「ケータイ業界30兆円の行方 キャリア再編のシナリオ」:

« 風邪 | トップページ | ドトールのコーヒービーンズチョコ »