« とんぱた亭 | トップページ | ゴメスチェンバリンの声 »

2006年4月25日 (火)

「電波利権

ふと立ち寄った本屋でタイトルが気になる本を発見し、そのままタイトル買いしてみました。
電波利権
日本の電波は、政治家との癒着が強いということをいろいろな事象に割り当てて説明しています。テレビであったり、携帯電話であったり。ヨーロッパではオークションで電波を割り当てたりしてるので、そんなことも絡めながら、日本の電波行政はこうすべき!という提案なんかも書いてありました。仕事柄、興味深くよめました。
・・・で、本の後半はそれらを技術的説明をつけながら裏づけをしていたんですが、ところどころ大きく間違えている説明が含まれていて、前半の説明も間違えているかも?!?!と考えちゃいました。。もったいない。。。
というわけで、
評価:★☆☆☆☆ 前半は面白いが、後半がダメダメのため、筆者が信頼できなくなりました。。

電波利権


|

« とんぱた亭 | トップページ | ゴメスチェンバリンの声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/9771934

この記事へのトラックバック一覧です: 「電波利権:

« とんぱた亭 | トップページ | ゴメスチェンバリンの声 »