« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の19件の記事

2006年11月30日 (木)

Happyプッチンプリン

 また変なものを見つけました。Happyプッチンプリン。
200611270204000
 左が普通のプッチンプリン(3つセットでうってるやつ)で、内容量は78g。右がHappyプッチンプリンで、内容量はなんと400g!!!でかすぎです。容器の高さは10cmくらいあります。で、プッチンしてみると、
200611270207000
 自重でつぶれます(笑)。
 味は同じだけど、さすがに多い。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

働くおっさん劇場

 今一押しの深夜番組、"働くおっさん劇場"。

評価:★★★★★面白い。
 50代の謎のおっさん4人に毎回インタビューをするだけの番組なんですが、おっさん達の天然ボケ(??)具合がなんともいえません。松本人志のさめたインタビュアーも秀逸です。僕のオススメは"野見さん"。野見さんのタイトルコールには毎回腹を抱えて笑っています。。。
 久しぶりにシュールな笑いが見られる深夜番組です。ということで一押し!!

#毎週火曜日深夜1時半頃 フジテレビ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

スガシカオライブレポ at 東京国際フォーラム 2006.11.26

 久しぶりにスガシカオライブに行ってきました(といっても2回目)。東京国際フォーラムのホールA、超デカイです。ビビリました。そんな日本最大級のホールぎっしりのお客さんと共に、ファンクを楽しんできました。スガシカオ、実は普段あまり聞かないんだけど、ファンクな曲はかっこいいし、ライブ自体もかっこいいし(あと、MCも面白い)、結構好きです。ココしばらく裏のリズムでのるライブが続いたので、ガチガチにあわせてくるファンクがまた気持いい感じでした。
 今回の目玉MC(??)は、スガシカオのデート話。一緒にご飯を食べた女の子に「スガさんの曲大好きなんです!いつも聞いてます!!」と言われて盛り上がったんだけど、彼女がトイレに行ったとき、ふと見えたipodのデータを見たら、サザンの次がスピッツだった・・・なんてオチだったりしました。
 あと、コーラスで参加のAMAZONS、結成20周年だそうです。客席から見ると30歳前後のセクシーおねえさんに見えてたんだけど、実際は結構のベテランのようで。それにもビビリました。それから、重大発表(?)もありました。ベスト版リリースが決定したそうです!あと、武道館2days(2007.2.26/27)も。スガシカオ、デビュー10周年もかなりの勢いですね:)
 またファンクなスガシカオを満喫してみたい!!

#ちなみに、自分のitunesにも入っているスガシカオベストはツアー版で、今度はシングルコレクション的なベストがリリースされるそうです。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月25日 (土)

フリマ再び

 前回のフリマからちょうど一年経ってそれなりに不用品が集まってきたので、再度フリマしてみました。大物は去年のフリマで一通り売ってしまったので、今年は前回売れなかったもの+前回まだ使うと思って残しておいたけどやっぱり使わなかったもの+この一年で新たに不要になったもの等々、色々と集めてみました。
 こんな感じ↓

 フリマと合同開催している地元のイベントの場所から結構離れてたりして事もあり、ちょっとばかり人通りが少なかった気がするけど、今回も捨てちゃおうかなと思ってたものを有効活用できました :)
 次回はいつになるかわかんないけど、再び不用品作りに精を出します!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年11月24日 (金)

"JAPA★RICO TOUR 2006" ライブレポ at 渋谷AX 2006.11.24

 レゲエ・スカ界の伝説的アーティストの一人、RICO RODRIGUEZの来日記念(?)ライブに参戦してきました。RICO、もう70を過ぎたおじいさんトロンボーン奏者で、毎年このような感じのライブをやっている模様。で、今回の出演者は↓。
・川上つよしと彼のムードメイカーズ
・DUBSENSEMANIA
・東京スカパラダイスオーケストラ
・こだま和文
・リコロドリゲス& JUNGLE ROOTS BAND
 全体的にマッタリとした曲が多く、マッタリとした空間が気持いい感じでした。そういう意味ではスカパラの出演時間帯だけはテンポも速くて雰囲気が違ったかも。谷中も「俺達はテンポ早ぇなぁってつくづく感じたぜ」なんてMCしちゃうくらいだし。
 で、主役のRICOですが・・・、北原さんのソロパートで歌をかぶせちゃってみたり、メンバー紹介を兼ねたソロ回しの途中でいきなりソロをはじめてみたり、演奏途中でステージから居なくなってみたり、とにかく自由な感じのライブでした。最初は手が震えてたりしたので大丈夫か???って感じだったけど、慣れてくるとなんだかほほえましい感じが出てて、とても気持のいいライブでした。
 CDだと一応ちゃんと演奏してるし歌ってるし大丈夫そうなんだけどな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

クローン携帯??

こんなニュースがありました。

識別番号同じ「クローン携帯」不正使用をドコモ初確認(読売新聞)

 NTTドコモの第3世代携帯電話「FOMA(フォーマ)」から抜き出したICカードを、別の携帯に差し込んで「クローン携帯」を作る手口で、中国など海外から不正使用したケースが少なくとも6件あったことがわかった。

 技術的に考えてもやっぱり不可能なはずなんだけど。記事内の文脈から読んでもおかしいし、もしこのニュースが本当なら技術者としてかなり興味心身です・・・。
 ・・・と思ったら、次のニュースが。

海外で不正な通話記録 ドコモのFOMA利用者で(共同通信)

広報部は「問題は根絶できた。データをすべて複製する『クローン携帯』ではない」としている。

 読売新聞の記事は恣意的でしたねぇ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年11月22日 (水)

冬のマミー

 季節モノ、"冬のマミー"がコンビにに売ってました。早速チャレンジしてみました。

評価:★★★★☆うまい。
 いわゆる"オレンジ"ではなくて、"みかん"の味がします。味はまろやか。マミーの酸っぱさは程よく抑えられていて、本家マミーよりもおいしいです。オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

ヨコスカパラ鑑賞会

 大所帯バンド、ヨコスカパラダイスオーケストラのライブビデオ鑑賞会(反省会?)を開催しました。おもえば結成四年半にもなりました。ライブも何回目になるのだろう?10回くらい??それくらい続いています。それにしてもメンバーが入れ替わりつつもここまでやってこれたのはすごいなとシミジミ考えたり。(そういえば自分も最初はVoで参加だった!!)
 最近は動き重視になったためか、昔の映像を見ると妙に丁寧で、ずいぶんと変わってきたなぁなんて話したりもしました(笑)。
 次回ライブも暴れましょう!!

↑本日は手巻き寿司パーティー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

紀香&陣内びっくり年明け結婚へ(スポニチ)

 最近芸能人の結婚報道が多いですが、藤原紀香と陣内智則が結婚するようですね。びっくりです。それにしても、藤原紀香が"だめんず・うぉ~か~"に出てるこの時期に発表しなくても・・・・(笑)
 まぁ、それはそうと、藤原紀香は普段は普通の関西人のねえちゃんのようだから、陣内とはすごくお似合いなのかも。
 矢田亜希子より確実にしあわせになるだろうな。

リンク先:紀香&陣内びっくり年明け結婚へ(スポニチ)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年11月13日 (月)

矢田亜希子さんと押尾学さん結婚(時事通信)

 一時破局説も流れた矢田亜希子と押尾学ですが、結局結婚しちゃいましたね。
 数年前の矢田亜希子絶頂期にこのニュースだったらかなりのインパクトがあったけど、今はもうどうでもいい感じ・・・・・。
 
リンク先:矢田亜希子さんと押尾学さん結婚(時事通信)

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006年11月12日 (日)

PS3

 近くのヨドバシカメラでPS3が緊急入荷していました。
 ちょうど入荷直後に売り場を通ったんですが、子供のために迷っているご夫婦や、明らかにゲーマーのお兄さん、転売目的?の中国人らしき人など(実際、転売目的での購入は遠慮してくださいと張り紙が中国語と韓国語と英語と日本語で張ってあった。。。)、いろんな人がうろうろしていました。
 あるところにはあるのか??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月10日 (金)

はらたいら氏が死去 漫画家(共同通信)

 はらたいらさんが亡くなったそうです。
 はらたいらといえば、大橋巨泉のクイズダービーで倍率がいつも低かった人という印象がかなり強烈なんですが、もう63歳にもなってたんですね。まぁ、当たり前か。自分も歳取ったし。
 それにしても、ちょっと早いですよね・・・。ご冥福をお祈りします・・・・。

リンク先:はらたいら氏が死去 漫画家(共同通信)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 7日 (火)

シンガポール四日目

 何気に盛りだくさんだった今回の旅行ですが、帰国は深夜便なので、最終日もみっちり時間がありました。
 いろんな街を歩いたんですが、周りが興味深すぎて写真を撮るのをすっかり忘れてました。(笑)

・ブギス
アメ横のように、小さいお店がぐちゃぐちゃっと集まったエリアに行ってきました。中国系のお店が多いようなきもするけど、よくわからんものが沢山売っています。すぐ近くには仏教系の寺があり門前町的な雰囲気もありました。

・リトルインディア
そのまんまインド人街でした。町で売ってるものは、ヒンドゥー語の本、お香、インド音楽のテープ・CD、香辛料、アクセサリー(インド系の方はゴールドが好きらしいです)等々、何から何までインドでした。やはり、ヒンドゥーの大きなお寺があり、こちらも門前町的な感じです。
Img_1000
ここだけは写真がありました。。。

・アラブストリート
アラブ人街です。リトルインディアほど大きな街ではないです。ちょうど祈りの時間だったので中には入れなかったけど、イスラムの大きなムスクがありました。

 ・・・と歩き回っているうちに空港に向かう時間になり、帰国の途に着きました。一日中歩き回ったので、空港にあるトランジットホテルでシャワーを浴びました(8ドル)。シャワールームの担当のおばちゃんと今回の思い出などを話し、旅の振り返りをしていました。で、おばちゃんが最後に言った一言は・・・
「あなた日本人なんだね。ずっとマレーシア人だと思ってた。」
 シンガポールでマレーシア人と間違えられたのは、通算3回目です。。。。^_^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

シンガポール三日目

 1日目2日目と結婚式等のイベントがメインだったけど、3日目以降は観光メインです。
 まずはクラークキー発着のボートクルーズ。昔荷物運搬船だった船でシンガポール川の河口付近をぐるっと周ってくれます。↓
Img_0934
 で、海側からのマーライオン。奥に見える豪華な建物が、結婚式のあったフラトンホテル。↓
Img_0959
 その後昼ごはんを食べにチャイナタウンへ。新郎新婦が昼食会を開いてくれたので、そこに参加しました。日本ではあまり見ない潮州料理を食べてきました。中華料理といえば、味が濃かったり、四川料理のように辛かったりというイメージだけど、潮州料理は薄味でどことなく家庭的な料理が多いようです。フカヒレをチキンと一緒に煮たスープや、牡蠣入り玉子焼き等々。
 チャイナタウンを散策した後、シンガポール中心部にある博物館・美術館へ。ココは普通。そして最後はシンガポール一番の名所といわれるナイトサファリへ。雰囲気はこんな感じです。↓
Img_0978
 ディズニーランドのジャングルクルーズの夜版というと雰囲気が伝わるかも? トラムで回るコースと歩いて回るコースがあるんだけど、熱帯雨林の中に色々な動物を展示しています。日本語で案内してくれるトラムもあるんですが、予約が必要です。早めに行って予約したほうがよさそうです。で、中の展示ですが、動物に直接触ることは出来ないけど(危ないし)、放し飼いしてるように見える展示になっているので、とても臨場感がありました。トラム45分、歩きで1時間くらいかかるけど、あっという間でした。で、動物ショー。↓
Img_0990
 月明かり程度のライティングの中、豹やイタチ・蛇などがいろんな芸をしてくれます。司会の話術も巧みで、かなり楽しめます。

 7時過ぎにナイトサファリに到着し、あっという間に11時前になりました。帰りはホテルにそこそこ近いドビーゴード駅まで向かうシャトルバスがあったので、それに乗って帰ってきました(一人4ドル)。思えば一日ずっと歩き回ってたような気が・・・。さすがに足が痛くなりました。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

シンガポール二日目(結婚式)

 シンガポール二日目、いよいよ結婚式です。朝6時半に新婦の友人にホテルに迎えに来てもらい、新婦の家に向かいました。この日は朝と夜にイベントがあります。

・朝~昼のイベント:中国式(?)結婚の儀式を色々と。
・夜のイベント:披露宴

■朝の会
 朝の会は、新郎が新婦の家に迎えに来るところから始まります。新婦の家には新婦の親戚・友人が集まって新郎を待ちます。新郎が迎えに来ても、そうは簡単に新婦に会えなくて、色々なことをしなくてはいけません。下の写真では、でかい鍵の付いた鉄扉(香港映画でよく出てくるような、一般家庭の鉄の扉でした。)の手前が新婦友人達で、外が新郎友人達と新郎。扉越しにお祝いのお金(金色の封筒)をもらい、新郎に面白ダンスをさせて、苦いクッキーを食べさせ(写真で渡しているクッキーはわさびがたっぷり塗ってありました)たりして、新郎が本当に新婦を愛しているのかを確かめるそうです。
Img_0793
 さらに加えて、"甘い・苦い・辛い・しょっぱい"の4つの味のまずいジュースを飲まなくてはいけません。これからの結婚生活ではジュースの味のように色々な事が起こるので、それを克服できることを確認するようです。そういえば、醤油のようなまずそうな汁も飲ませてました(汗)。
Img_0782_1
 で、これらをクリアすると、ようやく扉の鍵がはずされ、新郎は新婦と会うことが出来ます。
 ・・・と、ココまでで1/3。新郎が新婦を連れ出す儀式でした。
 この後、新郎の家に友人一同と移動し、新郎新婦が新郎の親戚の皆さんに挨拶をする儀式が始まります。下の写真のように、親戚の皆さんにお茶を出し、ご祝儀(中国語でAngBaoというそうです。)をもらいます。
Img_0834_1
 ・・・と、ココまでで2/3。新郎新婦で新郎一族に挨拶する儀式でした。
 その後、再度新婦の家に戻り、今度は新婦の親族に挨拶をする儀式が始まります。上の写真と同様に、お茶を出してはAngBaoをもらう儀式を全員と取り交わします。で、朝の儀式は完了。長い一日の半分が終わりました。

■夜の会
 いったん解散し、ホテルで昼寝をした後、夕方からのパーティーに参加しました。・・・その前に、夜18時から婚姻届にサインする式があったんですが、婚姻届提出先の裁判所の人が出張してくれて、披露宴会場でサイン式がありました。出張してくれるなんて、日本では考えられないっすよねぇ。
 で、披露宴開宴は19時半・・・・のはずなんですが、始まりません。日本では考えられないんですが、シンガポールでは時間通りに始まることはありえないそうです。実際、始まったのは20時20分頃。すでに50分押し ^_^;;
 式はこんな感じでした↓
 ・新郎新婦入場
 ・新郎新婦スピーチ
 ・シャンパングラスタワー+乾杯
 ・各テーブルを周って写真撮影
 で、そのまま流れ解散。出口で新郎新婦+親族の皆さんがお見送りをしてくれました。日本の披露宴を簡略化させたような感じなんだけど、いくつか興味深い違いがありました。
特徴1:親族のテーブルが最前列中央。
-->親族が主催者というわけではないようです。あと、雛壇もありません。新郎新婦は新郎側親族テーブルに座ってました。
特徴2:ステージに向かって左が新婦で右が新郎。
-->日本と逆かな?ちなみに1テーブル10人の円卓が普通だそうです。でかい。席次はテーブル番号だけ決まっていました。
特徴3:乾杯が3回。
-->ステージに親族全員が上がり、"ヤーーーーーム セーーーーン!!!!"と大声で叫びます。で、それを3回。なぜかは謎。こんな感じ↓
Img_0922
特徴4:ノータイが普通。
-->クールビスです。さすが。というか、暑いから当たり前か。
特徴4:デザートを食べたら流れ解散。
-->いつの間にか終わっていました(笑)。

 朝7時から始まったイベントは、途中休みを挟みつつ夜の11時過ぎに終わりました。日本のようにガチガチにプログラムが決まった感じではなくて、親族・友人が全員でお祝いして、話をして、という感じで、とてもあたたかい一日でした。(でも新郎新婦は相当疲れただろうに。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年11月 4日 (土)

シンガポール初日(結婚式イブパーティー)

 いよいよシンガポールです。
 シンガポール初日は、結婚式イブパーティーに招いてもらいました。イブパーティーって何だ?服はどんな感じにすればいいのか?など色々不安を残したまま、夕飯を食べに友人の家(新婦)に招待してもらいました。
 家に入ってみると、結婚用のグッズが色々とありました。たとえばこれ↓
Img_0778
 赤いろうそくと、"喜喜"という漢字の装飾、それから龍とか色々なものが飾ってあります。とても中華風。で、イブパーティーはというと・・・・普通の夕食会でした(笑)。特別なイベントは無く、彼女の友達・甥・家族の皆さんと一緒にご飯を食べて、話をして、リラックスして、という感じの会でした。ご飯はシンガポールのローカルご飯(の一部)です。↓
Img_0775_2
ローストビーフ風のもの、焼きそば風のもの、鶏のから揚げなど、油っぽいものが多いみたいです。屋台でもなかなか頼めないようなローカルご飯も含め、いろんなご飯をご馳走になりました。

 その後、友人(新婦)の友人にホテルに送ってもらったんですが、途中、シンガポールの名所に色々と寄ってくれました。
・マウントフェーバー
-->セントーサ島を見下ろせる数少ない丘です。コンテナ港や石油コンビナートも見えて、観光都市と港湾都市の両面が見られます。カップルのデートスポットでもあるらしく、土曜の夜はカップルだらけでした。
・ロングバー
-->シンガポールスリング発祥の地。バンド演奏もあってすごくにぎやかでいい雰囲気のバーです
・マーライオンパーク
-->いわずと知れたマーライオン。昔は"世界三大ガッカリ"の一つと言われていたけど、数年前に公園が整備されて、ちゃんとした名所になってます。

 友人と、友人の友人に大感謝です。初日からシンガポールを満喫できました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 3日 (金)

明日からシンガポール

 シンガポールの友人が結婚式に呼んでくれたので、明日からシンガポールに行ってきます。
 中国系シンガポール人なので結婚式は中国方式らしいんですが、中国方式の式を良く知りません。・・・その友人にも色々と聞きつつ、友人の友人を紹介してもらい、その人にもメールで色々と聞いてみたら、
・式前日にも招待された
・式当日は朝6時半に友達の友達がホテルのロビーに迎えに来てくれる
・朝のイベントと夜のイベントがある
・祝儀のようなものはあるらしい
・服装はノーネクタイでもいいらしい
のようです。
 とりあえずはお祝いする気持だけはしっかり持ち、後は流れに身を任せて見たいとおもいます。
 明日はかなり早起きだけど、寝坊だけは避けなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

ついにDCMX

 先日申し込んだDCMX。その後すぐに届いたんですが、ついに使っちゃいました!
200611031008000
 写真はDCMXのカードだけど、携帯をかざして使ってきました。ローソンのレジでの支払いは、サインレス・暗証番号も必要無く、edyとまったく同じ感覚で買えました。意外と便利かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

続・呼び名で分かる:「人体」編 「ものもらい」、250種以上…嫌悪感・親近感も(毎日新聞)

「ものもらい」の言い方、地方によってかなり違うみたいですね。
静岡生まれ・愛知/三重育ちの僕は、"めんぼ"が普通だと思ってました。
全国的に似てるけど違う言い方が多いけど、記事にもあるように、

 「ばか」(宮城)のように嫌悪感が伝わる言葉もあれば、「おひめさん」(熊本)「おきゃくさん」(佐賀)「おともだち」(沖縄)のように親しみのある呼称の地域もある。両極端の印象が、呼び名として存在しているのは興味深い。

↑これらは確かに独特・・・。
あと、ものもらい以外に、記事では"かさぶた"にも触れていました。
 また、傷跡などにできる「かさぶた」を、熊本、長崎、宮崎、鹿児島などでは「つ」と一文字で表現する。「社会人になるまで『つ』が標準語で、『かさぶた』は別の皮膚病だと信じていた。東京の大学に進み、宮崎弁が出ないように話していた友人も、ある日自分の腕にできたかさぶたを『つ』と呼び、友人たちが固まったのを見て『やっちゃった~』と気付いたそうだ」(宮崎・30代)とのエピソードも寄せられた。

"つ"って言われても確かに見当がつかないかも。。。

・・・自分が普段使っている言葉も、何気に局地的な言葉なのかも?!?!

リンク先:続・呼び名で分かる:「人体」編 「ものもらい」、250種以上…嫌悪感・親近感も(毎日新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »