« 卒業アルバムも黒板もIT化――教育関連展示会で(ITmediaニュース) | トップページ | 「サランラップ」28年ぶり値上げへ(読売新聞) »

2007年11月18日 (日)

ハイキングツーリング

 だいぶ寒くなってきましたが、懲りずにツーリング行ってきました。今回は房総半島の真中あたりをぐるっとするコースです。関東に住み始めて10年以上経つけど、実はバイクで房総半島を走るのは初めてでした。房総ツーリング企画のときはどういうわけか都合がつかなくて・・・。

 で、ツーリングですが、久里浜港に集合してフェリーで出発です。

 そんなに早くも遅くもない時間だったからか、バイク台数制限(18台)にも引っかからずにすんなり乗れました。

 朝日に向かって進むフェリー。気持ちいいです。
 35分ほどであっという間に千葉の金谷港。漁村な感じです。到着するとさっそく房総を時計回りでスタートしました。10分ちょっとで最初の目的地、ラーメン梅乃家。↓

 "竹岡式ラーメン"の元祖らしいです。漁村の国道沿いにある小さな店ですが、朝から行列でした。人気はすごいみたい。地元の釣りのおっさんやら観光客やら地元民やらでいっぱいでした。同じテーブルに座っていたおっさんの釣りと交通事故の愚痴話を延々聞きながら、ラーメン食べました(笑)

麺:ほとんど見かけない乾麺を使ったラーメン。パサパサしてます。
スープ:チャーシューの茹で汁に醤油を入れただけのさっぱりスープ。
チャーシュー:気合はいってます。味が染み込んだチャーシュー。
トッピング:たまねぎ。刻んだだけ。
で、評価は・・・
B級グルメ度:★★★★★
チャーシュー:★★★★★激ウマ。
トータルの味:★★☆☆☆玉葱が多すぎた?!でも行った価値あり。
 ということで、おなかもいっぱいになったし、ツーリング再開です。国道127号から465号に入り、房総のど真ん中の"三島湖"あたりを南下しました。奥米渓谷あたりは、まるでテーマパークのような湖と林を抜けるトンネルがすごいです。道幅はせまくて路面は落ち葉だらけだけど、なんともいえない雰囲気がよかったです。今回の(僕の思う)ハイライトは、何気にこのあたりでした。その後渓谷を抜け、香木原から県道24号を北上し、養老渓谷をぐるっと回りました。紅葉の時期はきっと観光客でいっぱいになりそうな雰囲気だったけど、今回はにはちょっと早かったかも?! で、県道178号を南下し、第二の目的地"粟又の滝"です。ハイキングコース入り口の看板があったため、バイクを停めてそこから滝までハイキング。ちなみに、ツーリング途中にハイキングをしたのは初めてです。疲れるから(笑)。駐車場から2kmほど歩いてようやく滝に。

粟又の滝。ハイキング先の滝がしょぼかったらどうしようか?!とみんなで話してましたが、それなりに大きな滝でした。よかったよかった。で、滝の先には売店・食堂・駐車場など。なんだ、ここまでくれば歩かなくてもよかったのか!!・・・いい運動になったし、まあいいか。
 一歩きした後、さらに南下して勝浦へ。遅めの食事をとったところで16時前くらい。海沿いの国道128号を走った後富岡中央林道に向かおうと思ったけど、いかにも雨雲っぽい雲が迫ってきたいたので急遽予定変更。県道34号線(長狭街道)で一気に金谷港へ。長狭街道は平坦だったけど、ショートカットコースとしてはいい道でした。

 帰りのフェリーは、ゴルフ帰りのおっさんたちが宴会をする中、バイクのためビールも飲めずに帰ってきました(笑)。ビールはさておき、フェリーを使うツーリングもなかなかいいもんです。ということで、少し短め(200kmコース)の秋ツーリングでした。

p.s.忘れてはいけない千葉名物マックスコーヒー↓

|

« 卒業アルバムも黒板もIT化――教育関連展示会で(ITmediaニュース) | トップページ | 「サランラップ」28年ぶり値上げへ(読売新聞) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/17111822

この記事へのトラックバック一覧です: ハイキングツーリング:

« 卒業アルバムも黒板もIT化――教育関連展示会で(ITmediaニュース) | トップページ | 「サランラップ」28年ぶり値上げへ(読売新聞) »