« Free Hugs | トップページ | コーヒーセミナー:特別編 »

2008年2月22日 (金)

「踊る大捜査線に学ぶ組織論入門」

 踊る大捜査線で描かれる、縦割り・官僚組織の"警察"。そこでの弊害とメリットを組織論から分析した面白い本です。

評価:★★★★★オススメ。

 実は、今の僕が勤めている会社の組織とすごく似ていて、そこでいかに効率的・効果的な開発をしていくかという観点で読むと、この本はすごく役立ちます。大きな組織で大きなプロジェクトを短期間で且ついろんな性格の人がいるなかでどう進めていくか、読み応えがあります。
 プロジェクトマネジメントの初心者本を読んだ後に読むと、プロジェクトマネジメント理論を組織内で使ったときの反応とかが予測できて、そういった意味でも面白いかも。
  あと、踊る大捜査線ファンなら、あぁあのシーンか!!とか思う小ネタがたくさんあるので、それもまた面白いです。

踊る大捜査線に学ぶ組織論入門

|

« Free Hugs | トップページ | コーヒーセミナー:特別編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/40167284

この記事へのトラックバック一覧です: 「踊る大捜査線に学ぶ組織論入門」:

« Free Hugs | トップページ | コーヒーセミナー:特別編 »