« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の16件の記事

2008年5月31日 (土)

コーヒーセミナー:中級編

 スターバックスのコーヒーセミナー、初級編に続き中級編にも参加してきました。今回のテーマは、"鮮度"と"フードペアリング"。普段あんまり気にしていなかった2つについて勉強してきました。
 まずは"鮮度"。"OLD"と書いてあるコーヒーと”NEW"と書いてあるものを比較してみました。"OLD"が明らかに不味い・・・。灰っぽい苦さと、妙にすっぱい感じが・・・・。会社のコーヒーみたい。どれ位古いのかと思ったら、数日前に挽いた豆だったそうで。わざと高温多湿に晒したとはいえど、かなり味が劣化してました。挽いたらすぐに淹れないといけないですね。鮮度を実感しました。ウチはグラインダーで都度挽いているからそこはよかったんだけど、豆の保存方法がちょっと適当だったかも。そこも改善しようかな。
 で、次は"フードペアリング"。文字通り、コーヒーとフードの相性について。これは今まで全く意識してなかったエリアでした。今回は下記の2種類で試してみました。
フード:"レモンケーキ"と"ニューヨーク チーズケーキ"
コーヒー:"ゴールドコーストブレンド"と"エチオピア シダモ"
一般的に、味の性質が似ている組み合わせにすると、それぞれの味を引き立てあうので良いそうです。
今回の場合だと、↓のような感じでした。

○:
"エチオピア シダモ"+"レモンケーキ"
→シダモの酸味とレモンの酸味が引き立てあってさわやかでした。
"ゴールドコーストブレンド"+"チーズケーキ"
→チーズの味がまろやかに引き立ってました。
×:
"エチオピア シダモ"+"チーズケーキ"
→チーズが妙に酸っぱくなり、古臭い味になっちゃいました。
"ゴールドコーストブレンド"+"レモンケーキ"
→レモンの酸味が消えて、スポンジケーキの味+苦味が目立ちました。

 焼肉にはビールとか、ご飯には緑茶とか、そういうこだわりと一緒かも?? コーヒーの味も色々あるから、これからはフードペアリングを意識してみたいと思います。

という中級編セミナーでした。勉強になります。セミナーは、特別編・初級・中級と受講し、残るは上級・ハンドドリップ編。続けて受ける気満々です。

 あと、4年ぶりくらいでやよいさんにも会うことができて、楽しいセミナーでした。やよいさんと前回会ったのは会社の研修で、今回はスタバのセミナー。それから、僕の今の職場はやよいさんが昔居た職場。こういう縁もあるもんですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

「プリントゴッコ」6月で販売終了、パソコンなどの普及で

 ついにプリントゴッコが販売終了だそうです。
 思えば、僕が子供の頃は、版画・手書きかプリントゴッコで年賀状つくるのが流行ってましたが、最近は完全にパソコンが主流ですよね。手作りの温かみは減ってしまうけど、仕方がないか・・・。


リンク先:「プリントゴッコ」6月で販売終了、パソコンなどの普及で @niftyニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

S君結婚式+結婚式2次会

 JU'ZのキーボードのS君の結婚式+結婚式2次会に行ってきました。
 結婚式では、とても現実的な牧師さんのありがたいお話を聞き、参列者みんなで「そうそう」とうなづきました。
 2次会では、それまで紳士だったS君がいつものS君に変わり、↓のとおり。
P10100721
 携帯のカメラでは追いつけないほど速く動いてました(笑)。ということで、結婚おめでとうございます!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

ピルクルグミ

ピルクルグミ発見。ピルクルファンにはたまりません。味もピルクルです。

ただし・・・乳酸菌はピルクルとは違うそうです。ということで、味だけピルクル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

「はじめての課長の教科書」

 木・金と丸二日間課長研修を受けてきました。この前の人事研修はとても勉強になったこともあり、今回もかなり期待をして参加です。
 強制研修だったので結構重要な会議を欠席してまで参加しました。でも、今までで一番ダメな研修でした・・・・。ウチのクラスの講師は教材を読むだけだし、教材はかなりレトロな組織精神論みたいなことが書いてあるだけだし、挙句の果ては、自慢げに見せられた教材のビデオが20年前くらいのやつだったり・・・。5インチフロッピーのパソコン(ワープロ?)が部屋に1台で、手書きの資料を手渡して「ワープロ打っといて」と依頼をしていたり・・・。リーダーシップとマネジメントの考えがゴチャゴチャに書いてあったり、講師が持ってる知識もすごく古かったり、考え方も古くて、今の若者に対してはうっとうしい化石課長と思われそうな話ばかりでした。無駄な15時間。がっかり。(あぁ、文句を書き始めたら止まらない・・・・)

 そんな中、課長として役立ちそうな本を読みました。どこの本屋に行ってもオススメになってる本です。
 ミドルアップダウン型の会社での課長の振舞い方について書いてある本で、理論自体はそこそこ新しめです。それよりも、まとめ方がとてもわかりやすくて、すっと理解が出来ます。あと、欧米からの理論をそのまま書く本が多いですが、この本は日本型に当てはめて書いてくれているので、自分の職場を想定しながらでも読みやすいです。
 二日間の研修より、この本一冊のほうがよっぽど勉強になりました。1500円だし。
はじめての課長の教科書
評価:★★★★★読みやすいです。頭の整理ができます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

最近気になること

 めざましテレビの番組の最後、アミーゴ伊藤のダジャレタイム。最近なんだかイライラします・・・。
 そのあとの小倉さんの無表情ぶりもあり、ダジャレのつまらなさが増幅され・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

"BEAM" Meg

 Perfumeの~Complete Best~を買いに行ったとき、PerfumeのCDとcapsulのCDの横に置いてあったので買って知りました。音楽番組には出てこないと思ってたのに、HEY!HEY!HEY!を見ていたらMEGが出演。Perfumeが売れたからか???
 で、"BEAM"ですが、少しだけCHARAっぽくてPerfumeよりもポップ寄りな感じの曲です。BGMで流れてるとすーっと耳に入ってくる感じで。よくわかんないけど、イメージをそのまま言葉にすると、ストロベリーポップテクノ←完全なめちゃくちゃ語ですが(笑)。このアルバムの半分くらいは、完全にポップが好きな人向けにつくってあって、残りは中田ヤスタカがテクノ好きな人向けに好き勝手に作った感じです。同じアルバムの中にぜんぜん違うコンセプトが2つ入っているみたいで、お得です。
 それにしても、HEY!HEY!HEY!ではじめて動くMEGを見たけど、出演して正解だったのかなぁ・・・。

BEAM
評価:★★★★☆オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

「部下の「本気」に火をつけなさい!」

 「世界でいちばん簡単な『上司力』のつくりかた」をコンセプトに、会社のミドルクラスでどうすべきかを説明しています。部下や後輩がいて、チームを牽引していく人向け(主任~課長あたり)向けに書かれています。
 実は、僕が主査になったときの研修の講師だったのがこの本の著者の村上力さんで、そこでの講義にとても共感して今の僕のベースになっています。「上司の仕事は部下へのサービス業だ」というのがこの人の考えです。昔は上司が絶対で部下は服従する世の中だったし、今でも威張る上司・独裁っぽい上司が居ます。でも、最近はそれじゃうまくいかないです。下手すればパワハラで訴えられるし、いやいや働いている部下の成果が下がるし、挙句の果ては辞めていくし。そんな中、いかに成果を出すかを考えると、部下が本気になれる心と環境を作っていくことが一番で、それが上司の仕事だと言っています。納得・・・といっても、部下に媚びを売るんじゃなくて、あくまで部下が本気になれるように言うことは言い、時には叱り、任せることは任せるべきだと。あと、叱り方についても色々と教えてくれています。
 マネージャーといってもどうしたらいいか悩んでいる人や、なんとなく職場の雰囲気がよくなかったり成果が出なくて困っている人には絶対オススメです。
部下の「本気」に火をつけなさい!
評価:★★★★★いまだに恐怖政治な上司には是非読んでほしいな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

ベルギービールいろいろ

 ツーリング仲間で飲み会がありました。気付くとみんな会社も仕事も変わっていたりして、久しぶりに飲んでみると色々話が出来て楽しかったです。仕事で出会った仲間だけど、ツーリングという趣味があると素で話せるもんですよね、ほんと。
 そんな中にビアテイスターが2人もいることもあり、おいしいビールが飲めるお店で飲み会です。今回は有名どころとして↓を試してみました。

ベル・ビュー クリーク
醸造所の空気中にある酵母で自然発酵させ(ランビック)て、さらにチェリーを使って二次発酵をさせたビールです。チェリーの甘味とビールの苦味がちょうどよく、おいしかったです。カシスビールをもっと上品にしたような感じです。


ヒューガルデン ホワイト
僕の一番好きなビールの種類であるヴァイツェンの類です。白ビール。こちらも苦味は抑え目で、フルーティーな味です。居酒屋とかだとなかなか白ビールを飲めるところがないので、白ビールを発見すると必ず選んじゃいます。こちらもおいしかったです。

 ツーリングに行った先ではビールが飲めない(あたりまえ)ので、このメンバーで飲み会するとついつい飲みすぎちゃいます。でも今回はみんな無事に帰宅しました。よかったよかった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

PE'Zライブレポ at 横浜ベイホール 2008.5.10

 PE'Zライブ、行ってきました。雨の中、微妙の遠い横浜ベイホールまで。横浜にもう10年以上住んでるけど、初横浜ベイホール。クラブ系のイベントやちょっとだけマニアックなライブがやってるイメージだったんだけど、行ってみたらやっぱりそんな雰囲気。シャンデリアがついてたりしてなんとなく"僕らの音楽"みたいなイメージ。でも、ライブが始まるとシャンデリアも消え、普通のライブハウスでした。柱が邪魔なのが渋谷クワトロみたい。
 それはさておき、ライブレポを。オープニング一曲目は"Milestones"。その後もヴィレッジバンガード限定販売だった"黒船のジャズ"がメインのライブでした。初期PE'Zっぽい勢いとマイナー調な感じがすごくよかったです。PE'Zはポップな曲よりダークな曲がいいもんです。"come here""RUN!RUN!RUN!""HEY!JORDU!"もやりました。いやぁいいセットリストでした。
 1時間半ほどでライブ終了。PE'Zはアンコールをしないバンドなのに終わっても客電がつかず、あれ????と思ったら、一人のスタッフが赤いとんがり帽子をつけて登場。おぉぉぉpe'zmokuスタイル!!で、予想通りpe'zmokuが登場し数曲。pe'zmoku、嫌いじゃないけど、やっぱりPE'Zはダークな感じの曲のほうが好きかな・・・。歌が入るとやっぱり多少ポップな感じになるのは仕方ないか。でも良いライブでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

「買物欲マーケティング」

 GWはどこにも行かず、wiiと読書ですごしてました。ということで、読書レポ第三弾。
 "買物が楽しくないと物は売れません!"と言う本で、一昨日書いた「キミがこの本を買ったワケ」と同じ論調です。物が飽和している今の時代だからこそ、単なる"物欲"だけじゃなくて"買物欲"までが満たされて初めて物が売れるとのこと。言われてみれば、パソコンが欲しいなと思って量販店のパソコン売り場をうろつき始めてから、もう半年以上立つのは、"物欲"はあっても"買物欲"が満たされていないからなのかなと思ったり・・・。趣味が"ショッピング"という人もいますが、そういう人は"買物欲"が強い人だと理解が出来るのかも。ヴィレッジバンガードに居るだけで1日時間が潰せて、普段買わないようなものまで買ってしまうのも、"買物欲"に依存するのかも。
 「キミがこの本を買ったワケ」にも書いてあったように、やはり"物欲"を満たすだけのマーケティングでは不十分なんですよね。"買物欲"をいかに満たすかまでを含めてマーケティングしないとダメですね。物を売るのも大変な世の中になったものです。。。

買物欲マーケティング―「売る」を「買う」から考える
評価:★★★☆☆オススメ。後半ちょっとだれてきますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

「透明人間の買いもの」

 もう一冊、ホイチョイプロダクションズの本で、「キミがこの本を買ったワケ」の続編です。
 今度は、いわゆる一般人(小市民??)とはどんな人か?をホイチョイ目線でわかりやすく説明してくれています。
 新商品開発をする際、ターゲットを細かく絞っていくのが良しとされやすいなか、ターゲットを漠然と"みんな"とした場合、どんな人物像になるのかがわかります。で、そこが"巨大マーケット"で、大ヒットへの近道だという理論です。確かにミリオンヒットを狙うような商品の開発をしていても、企画時はなぜだか"20代でリーダー的存在の男性"とか妙に絞り込んだりすることはありがちです。そんなマーケティングへのアンチテーゼなのかも??
透明人間の買いもの
評価:★★★★☆こちらもオススメです。大ヒットを狙いたいならこの本を読んでプライドを捨ててみるのもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

「キミがこの本を買ったワケ」

 懐かしの(?)ホイチョイプロダクションズの本です。
 ホイチョイ目線で、人がモノを買う理由を分析し、多少乱暴ながらもわかりやすく説明してくれています。
 毎日ついついコンビニについ立ち寄ってしまうのはなぜか?、醤油ラーメンが好きなのについ塩と言ってしまうのはなぜか?、実は口コミでモノを買ったことが無いのはなぜか?、親切にされると二度とその店に行かなくなるのはなぜか?etc....言われてみれば確かにと思う事例をいくつも挙げ、その理由を説明しています。
 この本を読むと、世の中のお店がいかに戦略的に販売をしているかを実感できると思います。モノのスペックに惹かれて欲しくなる心とは別に、買い物という行為にとても依存しているんだなということがよーくわかりました。

 スペック重視でモノを作りつづけたり、マーケティング結果からスペックを決めることが多いですが、それだけじゃモノが売れない理由が見つかると思います。

キミがこの本を買ったワケ
評価:★★★★☆オススメ。販売担当だけじゃなくて、製品企画・開発者にも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

CAMPER

 気がつけばCAMPERの靴が沢山揃っていました。

 自分の足にぴったりだし履きやすいしデザインも好きな感じだし、値は張るけどついつい選んでしまいます。で、最近、少し大きいなと思っていた革靴にCAMPERのインソールを入れてみました。結果、格段に履きやすくなりました!!サイズ調整が出来たのはもちろん、インソールの表面が滑らないので、革靴特有の履き疲れも減ったし、CAMPERの靴を履いた気分にもなれるし。(ちなみに、上の写真の左下の靴はインソールだけCAMPERです(笑))
↓これです。なぜか真空パックされています。1200円。買う価値あります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」

 今やお題目のように何かにつけてエコだエコだと言われていますが、僕にはどこかで偽善じゃねえのかと思うところがありました。数年前にエコだ!!と言って流行った"紙皿""割り箸""紙コップ"も、"割り箸"は今や悪者に。レジ袋は悪者なのに、レジ袋が何百枚も作れる"エコバック"が売れていたり。燃料バカ食いのジェット機に乗って、エコツアーに行ってみたり・・・。
 そんな世の中を斜めから見た本がこれです。科学的にどこまで信じていいのかは検証が必要だろうけど、なんでもかんでもエコを理由に片付ける世の中への警鐘(?)を鳴らしてくれています。そもそも温暖化はCOXのせいではなくて、長い地球の歴史に沿った温度上昇なのかもしれないとか。北極は暖かくなってるけど、南極は寒くなっているとか。etc...
 海に浮かんでいる北極の氷が溶けたって海面は増加しない(アルキメデスの法則)事をすっかり忘れて、北極の氷が溶けないようにと叫んでいる人たちにも読んでほしいな・・・。もちろん、自然と共生していくことや住みよい世界を保つことには反対しないけど。
 ・・・と、色々と書いた後、この作者、エセエコ対策はやめて日本人の美徳である"もったいない"精神を取り戻そうじゃないかと言うことを言いたいのかなと思いました。効率的に生活し、今も将来も楽しく生きようじゃないかということですよね。きっと。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
評価:★★★★☆面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

かしわもちの人工葉を29人が誤食

 ポリエチレンの人工葉を食べちゃったようです。
 人工葉なのになんでわからなかったんだろうと思ったら、包装には「天然葉を使用。食べても人体に影響はない」と書いてあったようです・・・(それでも間違えるのはびっくりだけど・・・)。
 かしわ餅の葉までポリエチレンだと、かしわ餅じゃないじゃん!!と思ってしまいます。そんな世の中なのが残念。そのうち大根のツマとか、付け合せのパセリとか、から揚げの下に敷いてあるレタスとかも人工になってきそうな予感が。そんなんならつけないほうがましだとおもう。。。

リンク先:かしわもちの人工葉を29人が誤食

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »