« 「キミがこの本を買ったワケ」 | トップページ | 「買物欲マーケティング」 »

2008年5月 7日 (水)

「透明人間の買いもの」

 もう一冊、ホイチョイプロダクションズの本で、「キミがこの本を買ったワケ」の続編です。
 今度は、いわゆる一般人(小市民??)とはどんな人か?をホイチョイ目線でわかりやすく説明してくれています。
 新商品開発をする際、ターゲットを細かく絞っていくのが良しとされやすいなか、ターゲットを漠然と"みんな"とした場合、どんな人物像になるのかがわかります。で、そこが"巨大マーケット"で、大ヒットへの近道だという理論です。確かにミリオンヒットを狙うような商品の開発をしていても、企画時はなぜだか"20代でリーダー的存在の男性"とか妙に絞り込んだりすることはありがちです。そんなマーケティングへのアンチテーゼなのかも??
透明人間の買いもの
評価:★★★★☆こちらもオススメです。大ヒットを狙いたいならこの本を読んでプライドを捨ててみるのもいいかも。

|

« 「キミがこの本を買ったワケ」 | トップページ | 「買物欲マーケティング」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/41118825

この記事へのトラックバック一覧です: 「透明人間の買いもの」:

« 「キミがこの本を買ったワケ」 | トップページ | 「買物欲マーケティング」 »