« 「任天堂 “驚き”を生む方程式」 | トップページ | レモン牛乳 »

2009年11月18日 (水)

「職場を悩ます ゆとり社員の処方せん」

 "ゆとり世代"が社会人になり始めました。今までとは違う教育を受けてきた世代→得体が知れないと思われていて、この本が登場したのだと思います。一から百まで説明しないと動かない社員、自己主張ばかりする社員、権利ばかり主張して義務を果たさない社員、"ゆとり社員"はそんな社員だと定義されています。
 でも、もともとそういう人達いませんでしたっけ?? "ゆとり世代"だからじゃなくて、もともとそういう類の人達はいるわけで・・・・。対応策は、いわゆる「コーチング」と「全てに対して理由をよく説明する」とよめ、ものすごくオーソドックスでした。

 読み物としては面白いですが、ごく普通の本です。


評価:★★★☆☆普通です。

|

« 「任天堂 “驚き”を生む方程式」 | トップページ | レモン牛乳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/46773566

この記事へのトラックバック一覧です: 「職場を悩ます ゆとり社員の処方せん」:

« 「任天堂 “驚き”を生む方程式」 | トップページ | レモン牛乳 »