« 「マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版] 」 | トップページ | nintendo3DS »

2011年2月13日 (日)

「あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール」

 技術系だからなのかどうかはわからないけど、今の職場には難しい事を偉そうに言える人が仕事ができる人だと思っている人が多い気がします。でも本当にすごい人はどんな話題であっても、どーでもいい感じで話をしていても、その人の話に引き込まれてしまいます。そんなすごい人になるための一つのスキルとして雑談があるんだと思います。
 で、この本です。
 出会って数分間の雑談、本題に入る前の雑談、何かトラブルがあった時の時間稼ぎの雑談、ふと電車であった時の雑談、飲み会などでの雑談等々、思えば雑談をする機会は非常に多いです。この本ではそんな雑談で役立つスキルを沢山紹介してくれています。著者は「聞き方のルール」も書いている松橋さん。セミナーの講師でもあります。雑談は、するスキルも聞くスキルもあり、それらを駆使することでコミュニケーションがうまくいき、人間関係ができ、仕事もうまくいくのだ、とのこと。僕も人見知り(ホント)で結構話しべたですが、もうちょっと早くこの本に出会ってればな、なんて思いました。
 構成は見開き2ページで1ネタ。それが101個。読みやすく、手軽な本です。


|

« 「マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版] 」 | トップページ | nintendo3DS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/50863086

この記事へのトラックバック一覧です: 「あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール」:

« 「マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版] 」 | トップページ | nintendo3DS »