« SOIL&"PIMP"SESSIONS「ニコニコツアー2011」 (VS PE'Z) ライブレポ at BIGCAT 2011.6.3 | トップページ | 名古屋市科学館+プラネタリウム »

2011年6月13日 (月)

「人が壊れてゆく職場」

 職場で体や心を壊してしまう人が多いと言われています。どこの職場でも可能性はあるけれど、起こしてはならないものです。ということで、読んでみました。amazonでタイトル買い。
 えーと・・・タイトルから持ったイメージとはずいぶん違う内容の本でした。「心や体が壊れる」的な本ではなかったです。まあ、僕が勝手に想像したのだから仕方ないのですが。実際は、労働基準法・労働組合法に絡むいろんな労働事件、正規雇用・非正規雇用の違いと問題点、有期契約と雇止め・解雇の違い等々、今の仕組みでの労働環境についていろんな観点から述べています。
 僕自身、管理職になってからこの手のいろんなことを見たり聞いたり勉強したりしましたが、この本では実際に起こった事件を紹介しながら解説しているので生々しく、すっと頭に入ってきました。
 欲を言えば、すべてが労働者側からの視点で書いてあるため、会社側がなぜそうしたのかを掘り下げてほしかったかなと感じました。何事も両面から見ないと。。。。

評価:★★★☆☆最近タイトルで買わせようとしている本が多い。


|

« SOIL&"PIMP"SESSIONS「ニコニコツアー2011」 (VS PE'Z) ライブレポ at BIGCAT 2011.6.3 | トップページ | 名古屋市科学館+プラネタリウム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/51929109

この記事へのトラックバック一覧です: 「人が壊れてゆく職場」:

» 労働法の実例:人が壊れてゆく職場 [本読みの記録]
人が壊れてゆく職場 (光文社新書)作者: 笹山尚人出版社/メーカー: 光文社発売日: 2008/07/17メディア: 新書 職場環境や最近増えている鬱病の本かと思って手に取ったら……違った。 本書は職場環境の話ではなく、労働法の話。 個人加入労働組合の弁護士が書いた、労働法にまつわる実際の事件だ。 期待していた内容とは違ったのだが、実例を元に書いているだけあって、興味深く読むことができた。 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 3日 (木) 午後 10時18分

« SOIL&"PIMP"SESSIONS「ニコニコツアー2011」 (VS PE'Z) ライブレポ at BIGCAT 2011.6.3 | トップページ | 名古屋市科学館+プラネタリウム »