« 「FREE」 | トップページ | 「未来型サバイバル音楽論―USTREAM、twitterは何を変えたのか」 »

2011年6月 5日 (日)

「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」

 10年来のイギリスの友人、僕の事実上の英語の先生だったシンガポールの友人、事あるごとに日本の良さを僕に言ってくれます。でも、その良さを理解していないのはむしろ日本人の僕だったのかもしれません。
 春は桜、冬は北海道や白川郷、そして温泉・皇居・神社、祭など、彼らが日本滞在中に僕にしつこく聞いてきたいろんな物事・場所、この本を読むことで、彼らの気持ちとその「日本の良さ」をいまさらながら実感しました。
 この本では、日本人の気質に始まり、文化・歴史、日本人的神様の考え方、そして天皇に至るまで、日本の日本たる所以を色々と説明してくれます。普段何気なくしていることの一つ一つの意味だったり、昔祖父母から聞いたいろんな話、その多くが日本人の根底に流れているコトに繋がっているんだと感じさせてくれます。
 震災で日本人自身がどこか日本に不安を持ち始めていた今だからこそ、改めて日本の歴史を振り返り、これからの将来を作るきっかけになればいいなと思います。

 学生時代、"理系だから"と言ってずっと逃げてきた歴史の勉強、もっとしておけばよかったと、今更ながら後悔・・・・。

評価:★★★★★日本がより好きになりました。

|

« 「FREE」 | トップページ | 「未来型サバイバル音楽論―USTREAM、twitterは何を変えたのか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/51864965

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」:

« 「FREE」 | トップページ | 「未来型サバイバル音楽論―USTREAM、twitterは何を変えたのか」 »