« わさびツーリング | トップページ | 「憂鬱でなければ、仕事じゃない」 »

2011年9月 3日 (土)

「「みんなの意見」は案外正しい」

 かなり前に友人に勧められて読んだ本を、再度読み返してみました。「みんなの意見」は正しいはずだよなと、最近考えなおしたこともあり・・・。

 英語の原本を書き上げた2004年時点での考えに基いて、"集合知"をいろんな角度から考察をしています。今や"集合知"と言えば、google検索のベースでもあり、wikipediaの信頼の源でもあり、linux発展の原動力でもあり、インターネットが当たり前の世の中では一般に広く深くしみ込んでいる概念です。この本では、そのインターネットが普及する前の時代に遡って"集合知"を考察しています。あ、今でいえばAndroidもopen sourceをうまく活用しているからこの例にあたるのかな。
 たとえばCIAで特定の人の意見だけを聞いてしまったがために失敗した例(集合知が生かされなかった例)や、市場で株価がなんとなく適正価格に決まる例、科学の世界での「正解」が見つかっていくプロセスの例(集合知が生かされた例)など、『「みんなの意見」は案外正しい』ことがよくわかります。
 十分に多様性を持ちうる案件であることが"集合知"が生かされる前提であったりはしますが、それでもなお、今の世の中でこの概念が生かせることが多々あるんだと実感できます。

 で、この本を読み返した理由ですが、仕事をしていてなんとなくもやもやとしたものを感じることがあったからです。声がでかい人・尖がった人・"事務局"と言われる仕切りチームなどの意見に議論が流されやすく、必ずしも正しい方向に向かっていないこともあるなと思っていたりします。逆に、自分のチームで仕事をするときは、有識者の意見を尊重しつつ他の意見もそれとなく聞いてみて、正解が何なのかを考えてみたりします。
 そういえば、医療の世界では「セカンドオピニオン」ってよく言われますが、サラリーマンをしていると仕事の中で「セカンドオピニオン」という言葉が出てくることは皆無です。"集合知"を生かすためにも、案外正しそうな「みんなの意見」を探ってみるのがいいのかな、きっと。


文庫本↓

|

« わさびツーリング | トップページ | 「憂鬱でなければ、仕事じゃない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/52636049

この記事へのトラックバック一覧です: 「「みんなの意見」は案外正しい」:

« わさびツーリング | トップページ | 「憂鬱でなければ、仕事じゃない」 »