« 慣らしツーリング 2011.11.20 | トップページ | 「池上彰の宗教がわかれば世界が見える」 »

2011年12月 3日 (土)

“Groove Connection” ライブレポ at motionblue横浜 2011.11.26

Neal Evans(org), Eric Krasno(g)[from soulive],
Louis Cato(ds)[from DMS],
Ohyama "B.M.W" Wataru(tp), Kadota "JAW" Kousuke(sax)[from PE'Z]

 出張先で時間外まで会議して、強引に会議を終わらせてからダッシュで参戦。
 5分くらい遅刻して会場に入ってみるとすでに盛り上がっていました。
 オルガンのNealが身をくねらせながらのオルガンプレイ。左手はベースラインを弾いていて、彼が盛り上げたり落ち着かせたり、ベースでバンドを引っ張ってました。あ、もちろん右手のハモンドオルガンもJAZZYに弾いたりロックに弾いたり変幻自在でした。さすがSOULIVE。
 そんな中、PE'Zの二人。負けてなかったです。特にJAWはソロを何度もやって、DrのLouisやGtのEricともいい感じにアイコンタクト取っていたり、Nealと掛け合ったり。普段のJAWとは違う感じでよかったです。大山リーダーはソロがあんまりなかったんですが、演奏を楽しんでいる感じでした。ニコニコしている大山リーダー見るのもあまりないかも。
 そして最後はみんな立ちあがっての大盛り上がりで終わりました。
 曲は知らない曲が多かったですが、このメンバーでは当然盛り上がるか。

 帰り道、ラーメン食べてから野毛をふらふらと歩いていたら、前の職場の同僚二人と偶然ばったり。そして終電"過ぎ"まで飲んじゃいました。そんな横浜満喫もありだな。

|

« 慣らしツーリング 2011.11.20 | トップページ | 「池上彰の宗教がわかれば世界が見える」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/53397674

この記事へのトラックバック一覧です: “Groove Connection” ライブレポ at motionblue横浜 2011.11.26:

« 慣らしツーリング 2011.11.20 | トップページ | 「池上彰の宗教がわかれば世界が見える」 »