« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の6件の記事

2011年12月28日 (水)

コクまろ味噌 @きたくり家

2011122723030000_800x600
今月からの新メニュー。家系の味噌。

麺:中太麺
スープ:濃いめの味噌。味噌とんこつだけど、とんこつ味はあまりしません
具:野菜たっぷり。スパイス強め。チャーシューが写真だと乾いてそうですが、普通にしっとりしていて味も濃いめでおいしいです。

家系のこってりはちょっと・・・という人にはちょうど良いです。名前の通りコクのある味噌味です。きたくり家の家系ラーメンと比べると味は落ちますが、まあ普通においしいと思います。

評価:★★★☆☆普通にうまい。

きたくり家 北久里浜店ラーメン / 北久里浜駅新大津駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

房総半島3/4周ツーリング 2011.12.4

 バイクの初回点検が1カ月or800kmということで、今回はひたすら距離を稼ぐツーリングにしてみました。ついでに、コロプラスタンプ奪取のために房総半島一周を目指してみました。といっても、ルートは決めずになんとなくスタート。
 朝5時半出発でひたすら湾岸線を千葉方面へ。首都高はPAもSAもないし、給油するところが無く、タンク容量7.9Lの僕のバイクにはちょっときつい・・・と思っていたら、酒々井PAで給油可能との表示が。ということで、一気に酒々井PAまで行って休憩しました。スタバで朝食のパンとコーヒーで一息。結構バイクもいました。で、今日の行き先を犬吠埼に決め、スマホでルート検索し、給油して出発。
 成田JCTから新空港自動車道に入ったものの、どこで降りていいのかよくわからず、気づいたら成田空港のゲート検問まで行ってしまったので検問を受けました。犬吠埼に行きたいと伝えると、「一般道にバイク一台!」と拡声器で叫ばれ、金網のゲートを開けてもらって脱出しました(笑)。
 そこからしばらくは千葉の田舎道。道の駅で特産品販売の準備をしている(まだ開店前)のを横目で見つつ、ひたすら走ります。途中、「匝瑳」という標識をみて読めない・・・と思いつつ、目的地の犬吠埼へ到着。
P1000885
灯台と記念撮影。青い空と白い灯台、そしてHDオレンジのタンクがきれい。↓
P1000890
 灯台の上まで登ったんですが、めちゃくちゃ風強くて手すりから手を離したら飛ばされそうでした。草津で風にバイクを飛ばされそうになって以来、風はトラウマです・・・。
 10時前に早くも目的地到着で、後はひたすら帰り道。そういえば九十九里も見たことないなぁと思って九十九里浜沿いを南下しました。・・・なんと単調な道。。。。バイク乗りには何の面白味もない道をひたすら走ります。唯一の楽しみは位置登録+コロプラスタンプゲットのみ。勝浦あたりでさすがに飽きてきて、コース変更。房総半島1周改め3/4周にしました。鴨川から県道34号で金谷にショートカット。さらにフェリー。
P1000907
 ホント、帰り道は飽きてきちゃいました。一人でこの単調はさすがにつまらない・・・・。まあ、距離稼ぐためのツーリングだったし、仕方ないか。
 でも、疲れきって乗ったフェリーからみえた夕日はとてもきれいでした。
 ↓室内の照明が移りこんでますが(笑)
P1000913
 で、結果。ほぼ目標達成。

走行距離:381.2km
総走行距離:766km
コロプラ:千葉GET(笑)

湾岸線→東関東自動車道→(酒々井PA:給油)→新空港自動車道→(成田空港に間違えて入って出る)→国道296→国道126→県道254/255→犬吠埼→(給油)→県道255/254→国道126→県道30(九十九里ビーチライン)→国道126→(いすみで給油)→(勝浦)→(鴨川)→県道34→金谷港→(フェリー)→久里浜→帰宅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

「フェイスブック 若き天才の野望」

 会社のSNSで紹介してもらった本、ようやく読んでみました。日本でもかなり定着してきたFacebook、その生まれてから今までがよくわかる本です。
 マーク・ザッカーバーグが大学の寮から始め、ベンチャーを作り、事業を拡大しつつ収益も考え始め、さらにはGoogleやMicrosoft・既存メディアと一定の距離を置きながら独自の道を歩んでいく、そんなFacebookの歴史が非常に細かく・詳しく語られています。
 基本データに会社名や学校名が入っている理由、実名主義の理由、ニュースフィードが微妙に日々進化している理由なども、この本を読むとなぜそうしているのかがよくわかります。あと、Googleは世の中の情報をGoogleから積極的に集めにいって整理して役立てていますが、Facebookはその逆だということもよくわかりました。ユーザーが自ら情報をFacebookに自然に書き込むことで、より精度のいい広告事業を行ったりユーザー連携を考えたりできるということが必然的にできてしまう訳です。そこがFacebookが巨人と言われている所以なんだろうとも感じました。

 インターネット関連のサービスは生まれては消えを繰り返しているし、勢力図もあっというまに変わってしまったりします。そんな中、Facebookが信念を貫き通していることで今の強さがあり、逆に、信念を変えた時は一気に終息をしてしまう可能性もあるのかもしれません。

評価:★★★★★Facebookユーザーは必読です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

割りカフェ

 ballieさんが「息子に告ぐ。ミルメークは1日1個まで。(# ゚Д゚)」とつぶやいて以来、ミルメーク的なモノがどうしても飲みたくなって、これを購入。
 4倍希釈。ミルメーク的です。牛乳と混ぜてレンジでチンすればあったかいカフェオレの完成です。コーヒーの味も結構しっかりしてます。かなり甘めですが、僕にはちょうどいい感じです。半日で4杯飲んじゃいました。

評価:★★★★★オススメ。
2011121112180000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

「池上彰の宗教がわかれば世界が見える」

 ヨーロッパの友人は日曜日に教会に行き、シンガポール人の友人は牛肉を食べない。僕自身、あまり宗教を意識したことは無いですが、小さい頃は祖母と仏壇の前に座って御経を読んだりもしていました。今時期だと街はクリスマス一色ですね、そういえば。宗教は身近にあるのになぜか殆ど何も知らないモノだったので、この本を手に取ってみました。
 池上さんが仏教・イスラム教・神道・キリスト教について、それぞれの専門家(?)と対談しています。たとえば浄土真宗の住職さんに「南無阿弥陀仏」の意味を聞いてみたり、一般人が知りたいなと思っているちょっとした事を色々と聞いてくれています。そして少し深い話まで。本の帯にもなっている『宗教は「よく死ぬ」ための予習です。』という言葉、なんとなくわかった気がします。
 以前インドに出張に行った際、ヒンドゥーの寺院に連れて行ってもらい、あの沢山の神様達の話を色々と教えてもらいました。その土地に生まれその地域の環境で生活していくうえで、宗教は切っても切り離せないモノなんだなと、生まれて初めて実感した時でもありました。
 日本人は多くが無宗教だと言います。僕も外国の友人に質問されるとそう答えていたんですが、やっぱり何か変な感じを受けていたようです。お葬式は仏教、今時期はクリスマス、そして年末年始は神社に初詣。宗教学者の島田さんによると、それは「無宗教」ではなくて、いろんな宗教に寛容であると考えるべきだとのことです。多くの宗教が争うことなく共存している、世界中で宗教にこれほど敏感であり寛容である国はないみたいです。僕もこれを読み、なんだか胸のつかえがとれた気がしました。

評価:★★★★☆オススメ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

“Groove Connection” ライブレポ at motionblue横浜 2011.11.26

Neal Evans(org), Eric Krasno(g)[from soulive],
Louis Cato(ds)[from DMS],
Ohyama "B.M.W" Wataru(tp), Kadota "JAW" Kousuke(sax)[from PE'Z]

 出張先で時間外まで会議して、強引に会議を終わらせてからダッシュで参戦。
 5分くらい遅刻して会場に入ってみるとすでに盛り上がっていました。
 オルガンのNealが身をくねらせながらのオルガンプレイ。左手はベースラインを弾いていて、彼が盛り上げたり落ち着かせたり、ベースでバンドを引っ張ってました。あ、もちろん右手のハモンドオルガンもJAZZYに弾いたりロックに弾いたり変幻自在でした。さすがSOULIVE。
 そんな中、PE'Zの二人。負けてなかったです。特にJAWはソロを何度もやって、DrのLouisやGtのEricともいい感じにアイコンタクト取っていたり、Nealと掛け合ったり。普段のJAWとは違う感じでよかったです。大山リーダーはソロがあんまりなかったんですが、演奏を楽しんでいる感じでした。ニコニコしている大山リーダー見るのもあまりないかも。
 そして最後はみんな立ちあがっての大盛り上がりで終わりました。
 曲は知らない曲が多かったですが、このメンバーでは当然盛り上がるか。

 帰り道、ラーメン食べてから野毛をふらふらと歩いていたら、前の職場の同僚二人と偶然ばったり。そして終電"過ぎ"まで飲んじゃいました。そんな横浜満喫もありだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »