« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の8件の記事

2012年2月27日 (月)

麺ツーリング2012.2.18

 河津桜を見に行く予定だったのに前日夜に雪が降ったため急遽予定変更。バイクだと、天気や気温をものすごく気にします。ましてや夜に雪→朝冷え込みだと、確実に路面凍結なので。
 近場の上野方面麺ツーリング。天気は晴でしたが、風が強いので湾岸線をあきらめ、横羽線で上野を目指しました。とにかく寒い!気温5度くらい+風強い+時速80km、三重苦です。

一軒目:阿吽担担麺 @ 四川担担麺 阿吽(アウン)
2012021811550000
なお、ガラスに映り込んでいるのが今回一緒に行ったOGAさん。
2012021811400000
麺:中太麺。
スープ:胡麻味強めで、甘くてクリーミーなスープです。ラー油の辛さ。
具:ひき肉に水菜(?)、そしてエビです。エビの香りがほんのり。僕はエビ嫌いですが・・・。
見た目辛そうですが、上品な辛さでした。
OGAさんはつゆなし担担麺。食べログでみんなのオススメでした。
2012021811400001
こちらは山椒の辛さです。スープスパのような担担麺でした。僕の食べたものとはまるで別の食べ物。こちらも上品でおいしかったです。

四川担担麺 阿吽担々麺 / 湯島駅上野広小路駅上野御徒町駅

昼総合点★★★★ 4.0

続いて2軒目・・・・に行く前に、消化させるための時間稼ぎもかねて周辺散策。
学業の神、湯島天神。
2012021812010000
いとこの子供が受験なので、合格祈願。
そして名物の(?)、花月のかりんとう。
2012021812080000
食べログベストスイーツ2011だそうです。
2012021817050002
固すぎず、甘すぎず。おいしいです。

 その後、上野周辺のバイク屋散策。上野といえばバイク用品店が集中するエリア・・・・だったはずでしたが、今はかなりつぶれてしまっていてまばら。こだわりの店もそんなに多くないので、NAPSのほうが品ぞろえはいいかも。ということでほとんど何も買わずに散策。このまま何も買わないのももったいないので、アメ横散策。OGAさんがバック購入。

 そして二軒目:とりそば @ らーめん天神下 大喜
結構並ぶ名店のようです。
2012021814510000
麺:細麺
スープ:鶏ガラのさっぱりスープ。魚だしもほんのり。さっぱりです。
具:チャーシューのかわりに鶏肉。
床:ぬるぬる。
さっぱり系でおいしいです。飲んだ帰りにはちょうどいいです。ご飯としておなか一杯にするには若干物足りないきもします。それはさておき、床が油でヌルヌル。元居酒屋店員としては許せませんでした。

らーめん天神下 大喜ラーメン / 湯島駅上野広小路駅上野御徒町駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0

 ということで、麺梯子完了。上野散策が3時間くらいあったおかげで普通に2杯いけました。たまには近場ツーもいいですね。

走行距離:107km
総走行距離:1026km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

「図解 新エネルギーのすべて 改訂3版」

 2004年初版のこの本、原油高騰の中で改定3版を作っている最中に東日本大震災が起きたそうです。
 世間の目が一気に新エネルギーに向きましたが、何とも怪しい専門家や夢を語るだけの人が多かった気がします。この本では新エネルギーを技術的・客観的に説明しています。冒頭の総論で、日本と世界のエネルギーの現状と今後の展望を説明しています。法律なども書いてあります。その後、いわゆる新エネルギーの説明ですが、少し難しめです。高校の理科の教科書レベルでしょうか。そして、巻末にこれからの新エネルギーがどうなっていくかを、技術者の目で語っています。
 マスコミに出てくる情報は、この中のごく一部。目立つところだけ極大化させて議論することはとても危険なので、この手の本を読んで、自分なりの理解を持っておくことが重要だなと感じさせる本でした。

評価:★★★★☆図鑑といえば図鑑。教科書といえば教科書。そんな本。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

味噌豚骨+辛肉味噌 @ TOKYO豚骨BASE MADE by 博多一風堂

 JR品川エキナカ、エキュート品川サウスのラーメン屋です。一風堂プレゼンツのTOKYO豚骨BASE。
 ベースは豚骨で、豚骨、醤油、味噌も味わえます。時間が遅かったせいかエキナカのせいか、そんなに並ばず食べられました。
2012021222040000
麺:一風堂と同じく細麺。量は少なめ。替玉は100円です。
スープ:今回は辛肉入りの豚骨味噌。豚骨と味噌が半々くらいの味でした。
具:辛肉(ひき肉)がうまい。チャーシューは別に入っていて、甘くておいしいです。

 なお、麺の硬さは、かため・ふつう・やわらかめの3種類から選びます。調子に乗って「バリカタ」と言うと、「できません」ときっぱり言われます。でもなぜか「粉おとし」は可能。ということで粉おとしを含めた4種類から選びます。オススメは粉おとし。
 値段は少し高めですが、会社帰りにちょっと立ち寄って食べるにはちょうど良いお店です。


TOKYO豚骨BASE MADE by 博多一風堂ラーメン / 品川駅北品川駅高輪台駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

「課長になれない人の特徴-今の上司には何が求められているのか-」

 これまた若干狙ったタイトルですが、副題がこの本の趣旨です。
 よくあるHow to本といえばそうですが、この本はどちらかというと「べからず集」です。ついやってしまうダメなコト、バブル世代に多い勘違い管理職が自慢げにしているダメなことなど、30のポイントで例を挙げて説明してくれています。
「出世キャリア」と「残念キャリア」、2パターンの社員が例示されていますが、この例が何といっても秀逸です。まさに、職場アルアルネタです。「残念キャリア」の顔も浮かぶし、「出世キャリア」の顔も浮かびます。もちろん自分の行動もいろいろと思い浮かび、反省したり安心したり。
 
 1つ目の事例は『「忙しい」が口ぐせ』です。「忙しい」と口に出すことに何の意味があるのか?自分の気休めのためではないか? 忙しいんだよということを「尊敬してほしい」とどこかで思っていないか?と。自分は気休めになっても、周りからすれば「あぁ忙しいのか、ほかの仕事は任せられないな」とか「計画性がないんだな」と思われることの方が多い、とのこと。確かに・・・。口に出すことの意味を今まであまり考えたことがなかったですが、「忙しい」と言うことで何が生まれるのか改めて考えてみると、あんまりいいことないですね。
 ほかにも、「飲み屋で仕事の話をする」「我が身を守って逃げ道を作る」「人の長所より短所が気になる」「部下に『ありがとう』が言えない」「目立ちたがる」etc.........

 普段の何気ない行動でも、一度立ち止まりよく考えてみるのが大事だなと思わせる本でした。
 タイトルは「課長になれない人」の特徴と書いていますが、この本は新入社員からベテラン社員まで幅広くオススメできる本です。

評価:★★★★★オススメ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

渋谷イカセンター

 サイバーエージェント社長の藤田さんの本に書いてあるのを見て以来気になっていたこの店、行ってきました。渋谷イカセンター。イカ好きにはたまりません。
 渋谷道玄坂を登っていくと、左側にあります。入口はわかりづらいですが、看板を見つけてB1へ。入口もさらにわかりづらく、屈んで入らないといけないくらい引き戸の奥にあります。
 店内はこんな感じ↓
2012020823540001
 港町の昭和な感じの飲み屋街、のイメージです。店員さんも威勢のいいひとばかり。店内にはいけすがあり、イカが泳いでいます。
2012020823540000
 そして箸置き↓
2012020823530001
 イカフライ↓
2012020823530000
 そしてなんといっても、いけすから直でさばいたイカの活造り。透けるくらい透明だし、足がうねうね動いています。
2012020823520000
 活造りは値も張ります(3500円だったかな)が、食べる価値ありです。新鮮で歯ごたえもあっておいしいです。

 ちなみに、火曜日の夜九時過ぎに行きましたが、ほぼ満席で混んでます。予約していくのがお勧めです。

渋谷イカセンター魚介・海鮮料理 / 神泉駅渋谷駅
夜総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

「伝える力2」

 前作「伝える力」の第二弾、「伝える力2」です。
 今作では、東日本大震災での各種報道を例に挙げ、伝わっていたかどうかを池上彰目線で検証・解説しています。菅さんの会見が伝わらず枝野さんの会見が伝わった理由、東電などの事故解説が伝わらなかった理由、じゃあどうすべきだったのかなど、実際に経験した”わかりづらさ”をもとに、伝える力を理解することができました。
 そのほか、世間で使われている気になる表現の紹介もしています。僕も嫌いな「させていただく」「・・・になります」の乱用や、ツイッターでつぶやくときの注意点など、具体的な事例を挙げてくれています。

 記者でありキャスターでもある池上さんだからこそわかる”書く””話す”それぞれでの”伝わる力”、今回も勉強になりました。

評価:★★★★☆前作に引き続きオススメ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

「サムスンの決定はなぜ世界一速いのか」

 大ボスと一緒に出張に行った際、飛行機乗ってから「読む?」と言って、スッと渡されました。「ハイ」というと、「じゃあ、先読んでいいよ。あとで感想聞かせて」と。そんな、超プレッシャー状態で読んだ本です。
 なぜサムスンがこんなに大きくなったのか?、そして躍進を続けているのか?。サムスンにスカウトされた日立の元技術者、そしてサムスンで10年間常務を務めた著者が、実体験をもとに語っています。
 何か奇抜なこと・特別なことををやっているのかというとそうではなく、長期戦略のもとでその時にやるべきことを素早く大胆にやり続けていること、と読めました。
 「グローバル化」を進め、「誰もやらないから自分がやる」という精神で突き進み、「トップダウンでは時間がかかる」と言って権限移譲を大胆に行って強力な会社を作り上げたというストーリーが、著者の内部・外部からの目で語られています。トップダウンのほうが速いと思いがちですが、「伺い」を作っている時間さえ惜しむのがサムスンの強さの秘密なんだと感じました。PDCAが、トップダウンだとPPPP・・・となり時間がかかるとの解説に、なるほどと唸ってしまいました。
 そして、「品質にも松竹梅」「品質は顧客が決める」という品質への考え方、チーム設計・コンカレント開発など、今の強さを裏付ける色々なトピックが紹介されています。

 最近、家電メーカーの決算見通しのニュースが流れ、軒並み大赤字という時代です。日本も強みを生かしつつ、もっとスピードを持った会社にならないとなと実感した本でした。

 で、借りた本ですが、成田の売店でもらったレシートの裏にキーワードをメモしつつ、フライト中に読み終え、到着前に大ボスに本を返しました。プレッシャーの中、サムスンに負けないようスピード感満載で読みました ^_^;;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

okuda tamio tour 2011-2012 ~おとしのレイら~ ライブレポ at NHKホール 2012.1.11

 久しぶりの民生ツアー参戦。今回も某民生マニアからチケットゆずってもらいました。

Vo,Gt:奥田民生
Ba,Cho:小原礼
Key,Cho:斎藤有太
Dr:湊雅史

2012020523030000

 今回のツアーのサブタイトル(?)は、「おとしのレイら」。Baの小原さんが還暦を迎えたので、その記念ツアーだそうです。以前からBaのおっさんかっこいいなぁとフェスなどで思ってたんですが、サディスティック・ミカ・バンドの人だったんですね・・・・。知らなかった。

 ステージ上には、ソファーとテーブル、そしてサッポロビール。リラックスムードなステージ上で、おっさんたちが好き勝手に音楽を楽しんでいるようなライブでした。そういえば、開演前にNHKホールでサンドイッチでも食べながらビール飲もうと思ってたのに、ビール売ってませんでした。ライブハウスとかドーム・アリーナだと売っていると思うのだけど、NHKホールじゃ無理か。。。。

 曲は新旧織り交ぜ。「ルート2」は、このメンバーで演奏すると、なんだかロック度アップでした。そして「還暦ロック」、還暦とは思えない礼さんが、楽しそうに歌ってました。
 で、アンコールで「拳を天につきあげろ」。サッポロの企業CM曲です。カンパイカンパイ言ってる曲ですが、なんだか元気が出ます。
 で、なんとダブルアンコールで「さすらい」。懐かしい感じで盛り上がって終演でした。

 民生、MCでユニコーンはコミックバンド、このバンドは普通のバンド、みたいなことを言ってました。どっちもかっこいい。こういうおっさんになりたいもんです。

 ということで、セットリスト。

01. ギブミークッキー
02. ルート2
03. わかります
04. 夕陽ヶ丘のサンセット
05. 何という
06. フロンティアのパイオニア
07. ベビースター
08. ライオンはトラより美しい
09. ロボッチ
10. 人間
11. ダンス・ハ・スンダ(サディスティック・ミカ・バンド)
12. 還暦ロック(監獄ロック 替歌)
13. 愛のボート
14. MANY
15. 最後のニュース
16. 解体ショー
17. 御免ライダー
18. 明日はどうだ
---encore1---
19. 拳を天につき上げろ
20. 近未来
---encore2---
21. さすらい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »