« 「リーダーの値打ち―日本ではなぜバカだけが出世するのか?」 | トップページ | PE'Z REALIVE 2012 宴~今夜はブレイコー! ライブレポ at 赤坂BLITZ 2012.4.22 »

2012年4月24日 (火)

「新しい資本主義」

 原丈人さんの本。何年か前によんだ原さんのの続編的な本でした。
 一章・二章は前作でも主張していたとおり、金融資本主義への警鐘です。ちょうど前作を読んでいた時期にリーマンショックがあり原さんの主張を実感したんですが、この本でも一貫して主張されています。マネーゲームのための短期的利益や短期的な株価UPを狙った経営ではなく、中長期的な観点を持った経営と、社会のために何ができるかを考えなさい、と。
 三章・四章は、実際に原さんが取り組んできた途上国支援の紹介です。この人をすごいと思うのは、口だけじゃなくて実際に行動で実証し続けていることだと思います。前作で具体的な話題が少なくて若干消化不良だったんですが、この本でそこを読むことができ、すっきりしました。
 そして最後の五章。今後への提案です。会社経営に対してでもあり、日本経済・・・というより世界の経済に対して日本が貢献していくための提案です。
 中国やインドが世界で台頭してきていますが、その次の時代に日本がどう進んでいくべきかをこの本は教えてくれた気がしました。

評価:★★★★★希望が持てます。



|

« 「リーダーの値打ち―日本ではなぜバカだけが出世するのか?」 | トップページ | PE'Z REALIVE 2012 宴~今夜はブレイコー! ライブレポ at 赤坂BLITZ 2012.4.22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/54529189

この記事へのトラックバック一覧です: 「新しい資本主義」:

« 「リーダーの値打ち―日本ではなぜバカだけが出世するのか?」 | トップページ | PE'Z REALIVE 2012 宴~今夜はブレイコー! ライブレポ at 赤坂BLITZ 2012.4.22 »