« Soil & "pimp" sessions 10th Anniversary! TOUR ライブレポ at 赤坂BLITZ 2014.2.10 | トップページ | 「「一体感」が会社を潰す 異質と一流を排除する<子ども病>の正体」 »

2014年3月30日 (日)

Jazztronik ”Cinematic”リリース記念コンサート レポ at 日本橋三井ホール 2014.3.1

 JAZZTRONIK初のホールでの座りコンサートです。場所も日本橋の三井ホールで、いつもとちがって落ち着いた雰囲気で始まりました。
 ステージ上もメンバーが沢山。弦楽器隊(古川淑恵、菊地幹代、吉田翔平、伊藤彩)、管楽器隊(姫野朋久、栗原健、寺内茂、前田大輔)、ヴォーカル隊(為岡そのみ、有坂美香、Eliana)、アコーディオン(田ノ岡三郎)、ベース(藤谷一郎)、ドラム(大槻KALTA英宣)、パーカッション(中里たかし)、フラメンコギタリスト(沖仁)、そしてピアノ・キーボードいろいろの野崎さん。 JAZZTRONIKで野崎さんがやりたかったことの一つ、映画音楽っぽい音楽を実現するにはこれだけのメンバーでこれだけの楽器でやる必要があり、ようやく実現することができたと言っていました。
 少し昔のヨーロッパ映画のような、滑稽な感じや妖艶な感じ、しっとりした感じや駆け抜ける感じ、いろんな映画の情景が浮かんでくるような曲が沢山でした。CD発売していないから原曲誰も知らないのに、ライブアレンジ版をやってみたり、MCでもいろいろな思いを紹介してくれたり、野崎さんはこういうのやりたかったんだなととてもわかるライブでした。
 終わった後にサイン会。先行発売したCDにサインもらいました。
Dsc_0494

こういうJAZZTORINIKも好きです。

※↓sound cloudでダイジェストが聞けます。是非どうぞ。
こちら

|

« Soil & "pimp" sessions 10th Anniversary! TOUR ライブレポ at 赤坂BLITZ 2014.2.10 | トップページ | 「「一体感」が会社を潰す 異質と一流を排除する<子ども病>の正体」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89185/59378371

この記事へのトラックバック一覧です: Jazztronik ”Cinematic”リリース記念コンサート レポ at 日本橋三井ホール 2014.3.1:

« Soil & "pimp" sessions 10th Anniversary! TOUR ライブレポ at 赤坂BLITZ 2014.2.10 | トップページ | 「「一体感」が会社を潰す 異質と一流を排除する<子ども病>の正体」 »