カテゴリー「音楽」の137件の記事

2015年2月23日 (月)

Perfume FES!! 2014 Perfume/東京スカパラダイスオーケストラ ライブレポ 2014.3.15

 1年前のライブレポを上げる僕のブログって・・・・。

 でも、記憶にまだ残ってるんですよ、このライブ。ただの対バンじゃなかったです。お互いにリスペクトしあってるのがすごくわかって、なんか熱いものを感じました。
 Perfumeファンにスカパラがどう受け入れられるのかなと思いつつのスカパラライブ。1曲目から本気モードでした。最初は座っていたPerfumeファンも徐々に体を揺らしはじめ、Perfumeメドレーではおぉー!という声を上げ、そしてその後は立ち上がって大騒ぎ、そんな感じでした。
 そしてPerfume。スカパラの生演奏全面のライブから一転、機械的で視覚的なライブです。初のPerfumeライブでしたが、これはすごい。目で見るインパクトがすごいです。"レーザービーム"のような尖がった曲から、"微かなカオリ"のようなふんわりした曲まで、Perfumeの魅力たっぷりのライブでした。

 そしてそして、最後はアンコールでコラボです。口パクと揶揄されることもあるPerfumeの本気歌モードです。うまいしめっちゃかっこよかったです。「美しく燃える森」は、広島の先輩である民生に敬意を払っての選曲だったようでした。ラストは「ジェニーはご機嫌ななめ」。これ、Perfumeライブの定番のようでした。めっちゃ盛り上がりました。

 スカパラもPerfumeの両方の良さを再認識できたライブでした。

-----セットリスト-----

○スカパラ
5 days of Tequila
火の玉ジャイブ
DOWN BEAT STOMP
銀河と迷路
Wild Cat
Perfumeメドレー:NIGHT FLIGHT~ビタミンドロップ~カウンターアトラクション~彼氏募集中~SEVENTH HEAVEN~ポリリズム
ONE EYED COBRA
Ska Me Crazy
花ふぶき~愛だろ、愛
Rushin'
ルパン三世 '78
Pride Of Lions
All Good Ska is One

○Perfume
Enter the Sphere
Spending all my time
レーザービーム
ポリリズム
Sweet Refrain
1mm
微かなカオリ
Magic of Love
Handy Man
FAKE IT
チョコレイト・ディスコ
MY COLOR

en:コラボで。
チョコレイト・ディスコ
美しく燃える森
ジェニーはご機嫌ななめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

Jazztronik ”Cinematic”リリース記念コンサート レポ at 日本橋三井ホール 2014.3.1

 JAZZTRONIK初のホールでの座りコンサートです。場所も日本橋の三井ホールで、いつもとちがって落ち着いた雰囲気で始まりました。
 ステージ上もメンバーが沢山。弦楽器隊(古川淑恵、菊地幹代、吉田翔平、伊藤彩)、管楽器隊(姫野朋久、栗原健、寺内茂、前田大輔)、ヴォーカル隊(為岡そのみ、有坂美香、Eliana)、アコーディオン(田ノ岡三郎)、ベース(藤谷一郎)、ドラム(大槻KALTA英宣)、パーカッション(中里たかし)、フラメンコギタリスト(沖仁)、そしてピアノ・キーボードいろいろの野崎さん。 JAZZTRONIKで野崎さんがやりたかったことの一つ、映画音楽っぽい音楽を実現するにはこれだけのメンバーでこれだけの楽器でやる必要があり、ようやく実現することができたと言っていました。
 少し昔のヨーロッパ映画のような、滑稽な感じや妖艶な感じ、しっとりした感じや駆け抜ける感じ、いろんな映画の情景が浮かんでくるような曲が沢山でした。CD発売していないから原曲誰も知らないのに、ライブアレンジ版をやってみたり、MCでもいろいろな思いを紹介してくれたり、野崎さんはこういうのやりたかったんだなととてもわかるライブでした。
 終わった後にサイン会。先行発売したCDにサインもらいました。
Dsc_0494

こういうJAZZTORINIKも好きです。

※↓sound cloudでダイジェストが聞けます。是非どうぞ。
こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

Soil & "pimp" sessions 10th Anniversary! TOUR ライブレポ at 赤坂BLITZ 2014.2.10

 10周年記念ライブの最終日。これは行くしかないということで、職場からめちゃくちゃ近いのに有休とって参戦しました。
 記念のベストアルバム↓の曲を全部やる!と予告あり。

 それにしても、この日のメンバーの気合はすごかったです。タブゾンビと元晴はなんと前日にスタジオ入って
個人練するほどだったそう。とにかく気合と気迫が伝わってきました。なんというか、とんがった演奏でかっこよかったです。
 そしておたのしみはお客さんからのリクエスト曲をその場で選んで演奏というサプライズまで。いくら自分たちの曲だといっても即興でリクエストにこたえるというのはほんとすごいです。この日選ばれた2曲はメンバーたちもうろ覚えだったようで、ステージ上で集まって打ち合わせしてから演奏始めてました。でもばっちりでかっこよかったです。あ、社長の指揮はもちろん必要っぽかったですが(笑)
 あと、メンバーのMCがたっぷりあったのもいつもと違ったところでした。やっぱりメンバーも10周年というのは熱いものがあったんだと思います。

 とにかく、熱くてかっこいいライブでした。

-----
★祝10周年・爆奏!デスマッチセット
1 SE〜Sexual Hungry
2 Are You Ready?
3 No Taboo
4〜6 Crush!〜Suffocation〜STORM
7 WALTZ FOR GODDESS
8 First Lady
9 Mature
10 POP KORN
11 おたのしみ(参戦記念リクエスト曲)→手のひら、Khamasin
12 マシロケ
13 SAHARA
14 Fantastic Planet
15 SUMMER GODDESS
16 A.I.E
<ENCORE>
17 Paraiso
18 SATSURIKUニューウェイブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

PE'Z納涼大音頭2013ライブレポ at 日比谷野音 2013.8.25

 11月ですが、8月のライブレポを・・・・・。
 PE'Z初の夏祭り、「PE'Z納涼大音頭2013」に行ってきました。
 少し早めに行ってみると、「モンスター大陸」がOPENING ACTでライブを始めていました。生で聞くのは初めてでしたが、ブルースハープがめちゃくちゃかっこいいです。THE BADWIES的なR&Bのようなブルース寄りのような、そんなバンドでした。

○飛行船

○PE'ZとMONSTER大陸のAKATSUKIコラボ。これがかっこよかった!

 で、PE'Z登場です。
 今日は祭りだー!ということで、航さんとヒイズミが二人で演奏したり、楽器を入れ替えてやってみたり、メンバーが好き勝手に楽しそうに演奏していました。こういうPE'Zを見るのは初めてかもですが、とにかく楽しそうにやってるのでこっちまで楽しくなりました(笑)
で、まさかの10分休憩が入り、すこし落ち着いてから第二部スタート。
 第二部はAKATSUKI始まりで、いつものPE'Zライブです。定番の曲から、この日会場限定発売だった「演歌のJAZZ」から演歌カバーをやってくれました。途中、GILLEが登場し、「じょいふる」(いきものがかり)と「I Want You Back」(The Jackson 5)をやったんですが、これもまた妙にかっこよかったです。
 普段MCもあまり話さないPE'Zですが、この日は祭だったこともあるのか、よく話してたようなきがします。たまには祭なライブもいいなと感じました。
 
○多少ライブの雰囲気がわかる、DVDのCM。

ナレーションはベースの楡原です。MCの時はこういう謎のキャラなのです。つまらないところが面白いのです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

JazztronikLive Set "Summer Edition" @motion blue 横浜 2013.8.10

野崎良太 (p)、藤谷一郎(b)、波多江健(ds)、越田太郎丸(g)、
栗原 健(sax)、伊藤彩(vln)、古川淑恵(vlc)、姫野朋久(fl)

 夏のJAZZTRNIK。普段やらない曲も含めての"Summer Edition"です。さわやかで暑い都会の夏という感じの曲多数でした。ラテン系というよりは、全体的に地中海のようなからっとした夏のイメージだったかな。
 そして事前の予告通り、ライブで聞いたことのない曲がたくさんありました。JAZZTRONIKの初期の曲が多かったのかな?1stや2ndはあまり売っていないのですが、ライブ終わりに販売してくれていたので購入し、野崎さんのサインもばっちりもらいました。

 この前の代官山UNITでのオールスタンディングライブとは違って、motionblueで座ってお酒を飲みながらのライブってのも相変わらずいい感じでした。


野崎さんがmixを作ってくれてまして、ココで聞けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

氣志團万博2013 二日目レポ at 袖ヶ浦海浜公園 2012.9.15

 昨年の氣志團万博が楽しかったので、今年も参戦。相変わらずありえないブッキングで、これが氣志團万博の一番のいいところです。
 ・・・・が、台風の影響で天気予報は100%で豪雨。やるのかどうかも怪しい中、いつものように横浜からバスで向かいました。6時半集合なので少し余裕をもって6時過ぎくらいに集合したんですが、天気予報のせいか、皆さん集合遅め。なので、一番乗り→一号車で出発しました。ちなみに、横浜は結構な雨。天気が天気なので、当然のようにアクアラインも空いていて、袖ヶ浦海浜公園には7時過ぎに着いちゃいました。開演まで1時間半くらい待つわけですが、皆さん結構軽装で、豪雨対策フル装備の僕が若干浮いてました。並んでいるときから大雨が降る中、開演です。

■welcome act:私立恵比寿中学
始まる直前あたりから豪雨。中止か?!と心配しているなかスタート。氣志團リスペクトで(?)、スケバンのコスでずぶ濡れになりながらのパフォーマンス。9名中3名(だと思う)のマイクが死ぬほどの豪雨ですが、死んだマイクを把握して、ソロになるとマイクをメンバー内で交換するという離れ業を見せつけてくれました。すごい。

■森山直太郎
エビ中後、雨はぱったりと止み、快晴の中、開会宣言+さくら独唱。
マイクパフォーマンスが秀逸でした。

東京スカパラダイスオーケストラ
フェスで見るのは久しぶり。みんなが楽しめるようにカバー曲多めになっていたこともあり、いきなりの大盛り上がりでした。スパイ大作戦のカバーは過去聞いたことなかったのだけどかなりかっこよかったです。
 ちなみに、この前のワンマンの時にはまさかの2列目まで行きましたが、この日は一日は長いので中盤あたりで多少ゆったりと観ました。スカダンスはほとんどいなかったので、止めときました(笑)。
天気はたまに豪雨、だいたい晴れ。

マキシマム ザ ホルモン
もうアラフォーなので、中盤で観ました(笑)
予襲復讐も交えてのヒット曲網羅。全員ヘドバン。そして前方はモッシュ。この頃には客席前方は田んぼのようなぬかるみになってまして、ホルモン終わったあとは結構な人数が全身泥だらけになってました。きっとモッシュでこけたんでしょう。。。。
おきまりの麺固こってりは、氣志團verでおれんとこ来ないかいくいくでした。
天気はたまに豪雨、だいたい晴れ。

超新星
スカパラ→ホルモンで体力を使いはたしたため、休憩してました。。。。あと、昼飯。今年は去年の反省もあってか、フードエリアがかなり充実。去年は水買うにも1時間待ちとかしてたけど、せいぜい5分か10分くらいでした。

■シャ乱Q:画像なし
つんくが若干だるそうな感じでしたが、まあ盛り上がりました。スカパラ・ホルモンの後に聞いたので、まこっちゃんのドラムが優しい感じで、それはそれでキャラ的にアリでした。
「ズルい女」をはじめてとしてヒット曲連発。あ、「ラーメン大好き小池さんの唄」で盛り上がってたのは同年代くらいでしたが・・・(笑)

VAMPS
信者っぽい女子多数。おしゃれしてきたのに泥まみれになっているのがかわいそうでした。。。。曲は、ちゃらい感じなのかなと思いきや、結構しっかりしたロックで、逆に驚きました。

ももいろクローバーZ
今年も團長が好きだからというだけでブッキング。
去年は「One Night Carnival」のカバーやりましたが、今年は「Secret Love Story」のカバーやりました。

モノノフたちは相変わらずカラフル5色でしたが、下半身はほぼ全員茶色(泥)でした。

黒夢
体力消耗のためフードエリアから音だけ。昔の黒夢のイメージと変わっていない演奏で、なんだか安心しました。

氣志團
そして大トリの氣志團。PRIDEのオープニング曲でメンバー紹介からの和太鼓。めちゃくちゃかっこよかったです。そしてことしもももクロとコラボで「ココ☆ナツ」「One Night Carnival」。團長は終始デレデレしてた気がします(笑)
團長MCでは地元でこれだけのアーティストが集まっての氣志團万博ができたことの喜びを語ってくれました。若干うるうる来るくらいの感動がありました。
そして最後はみんなで花火を観よう!と言って、花火の打ち上げ。・・・・の瞬間に一瞬大雨。
天気も演出の味方につけるのが奇跡的でした。


結局、長い時間豪雨だったのはエビ中の時のみで、あとは数分程度の豪雨がたまにあった程度で、基本的には快晴でした。豪雨フル装備はまあ役には立ったし、長靴も正解だったけど、日焼け止め持ってかなかったのは失敗だったか。。。。今、ヒリヒリしています。。

なお、運営はかなり改善されてました。バスの降車所も改善、フードエリアはかなり改善。まあ、客席前方の田んぼ状態は仕方ないと思います。でも、しばらくは公園として成り立たないだろうな・・・・芝張替だろうな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

J.A.M (piano trio from SOIL&"PIMP"SESSIONS) ライブレポ at motionblue横浜 2013.7.12

J.A.M=丈青(p,rhodes)、秋田ゴールドマン(b)、みどりん(ds)
Dsc_0107

 なぜかスカパラのライブとJ.A.Mのライブの時期が近いような気がする。まいっか。
 この日は仕事が早めに終わったので、急遽電話して2ndステージに行ってきました。会社帰りに思い立ってライブ行くのはなんだかすごく贅沢な気分です。

 で、今回はみどりん裏から観戦です。久しぶりのJ.A.Mライブでしたが、客層変わったかも。JAZZ通っぽいおっさんが増えた気がします。腕組んでうんうんうなづきながら見たり、気持ちよーくうとうとしながら見たり。まえは女子ばかりだったから、僕としてはライブ見やすくてよくなった(笑)。ちなみに一人女子観戦も結構いました。
 セットリストは大人な感じな静かめな曲中心でした。といってもノリのいい曲もしっかりやりました。隣の隣のおっさんが立ち上がってずっと謎のダンス(ステップ?)をしていて、足音がうるさいので周りから苦情を受けてmotionblueの隅っこに移動させられてました。でもその隅っこで思いっきり踊ってたので、きっと楽しかったんだろうと、なんだかうれしくなりました(笑)
 それにしてもJ.A.Mとモーションブルーの雰囲気はホントよく合います。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

Gentle Forest Jazz Band ライブレポ at motionblue横浜 2013.6.23

 SAKEROCK好き→在日ファンク好き→Gentle Forest Jazz Bandという流れで、ライブに行ってきました。
Dsc_0095

 在日ファンクのトロンボーンとしてジェントル久保田を初めて見た(はず)んですが、演奏もさることながらキャラとMCが面白く、それも半分目当てでライブに行ってみました。ビッグバンドジャズな演奏とジェントル久保田の小芝居が重なって、ショーアップされ、観ても聴いても楽しかったです。
 なんか終始ニコニコしながら見てしまう、幸せになれるバンドでした。

『きみのことなんて』

『おとこって おとこって』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月31日 (土)

川上つよしと彼のムードメイカーズ ライブレポ at motionblue横浜 2013.6.8

 結構贅沢かなと思いつつ、二日連続のライブ鑑賞。

大石幸司(ds)、山本タカシ(g,cho)、秋広真一郎(g)、
HAKASE(key)、大森はじめ(pre,vo,cho)、
黄 啓傑(tp)、西内 徹(sax,fl)、市原"icchie"大資(tb)、
武田カオリ(vo)、川上つよし(b)

 少し暑くなってきた6月初めの「川上つよしと彼のムードメイカーズ」、とてもいい感じでした。モーションブルーのあの狭いステージにぎっしりと並び、そしてみんなにこにこしながら演奏する、そんな雰囲気も好きです。
 今回はこのアングルから↓。
Photo
 絶対マニアしか喜ばないよなぁ、このアングル。でも、Gtの二人が足元でいろいろやっているのが見えたり、譜面めくるのも思いっきり見えたり、後ろからステージを見るのって結構面白いんです。あと、スピーカーの後ろだから、生音が聞こえたりもします。
 ロックステディ、レゲエ、ラバーズ系が主体なバンドでしたが、最近は昭和歌謡寄りの曲も増えてきました。武田カオリのVoが何とも雰囲気があって、好きです。
■琥珀の誘い ~「スナックぽん」のテーマ

 力がいい感じに抜けたライブでした。あ、そういえば川上さん、結構酔って、目がとろーんとしてました(笑)

というわけで、恒例のセットリスト(拾い物)

1. Eggyptian Fantasy
2. YARDBIRD SUITE
3. COCKTAILS FOR TWO
4. Hard Liquor
5. Wondering Mood
6. VIDEO KILLED THE RADIO STAR
7. Harlem Nocturne
8. 琥珀の誘い ~「スナックぽん」のテーマ
9. HOW DEEP IS YOUR LOVE
10. One Step Forward
11. The Third Man Theme
12. MAMBO INN
13. Chopin's Nocturne

en1. Long Day, Shart Night
en2. 酒とバラの日々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

Sword of the Far East @Club Asia 2013.6.7

 ロックバイオリン、Sword of the Far Eastのライブに行ってきました。
 金髪ショートカットの自らをキノコやらギズモやらとたとえるAYASAのバイオリンがものすごくかっこいいです。MCではかわいらしい女子という感じですが、いざ演奏が始まると客を引き付ける力がすごいです。と思ったら、クラシックでしっかり実績残してきてるすごい人なんですね。ソリストもこなすくらいなので、そりゃ引き付ける力があるわけだ。。。
 客層は、曲調の割に年齢層若干高めの男が多いです。新宿で路上やってるみたいなので、それを見てライブに来たのか、AYASAのツンデレっぽいキャラにやられた男たちなのか。あ、女子もたくさんいましたよ。クラシックやってる学生っぽい人たちも。

 で、こんな感じでした↓
Dsc_0080_2

 動画のほうが雰囲気伝わるかな。
○オリジナル色々

○よく知っている曲メドレー

 これ、ライブの最後にやったんですが、「30分後にまたお会いしましょう!」と言って演奏始めました。まさかと思ったら、ほんとに30分ノンストップ演奏。途中静かな曲も含まれているとはいえ、すごい盛り上がりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧