カテゴリー「旅行・地域」の73件の記事

2016年7月17日 (日)

厄払いツーリング2016.5.14

 昨年から何度も何度も企画しては雨で流れていた職場ツーリング、ようやく決行できました。
 とはいうものの、事故+骨折1名、体調不良1名、バイク故障、その他もろもろある中の決行だったので、皆さんの厄払いをしにお寺をめぐるツーリングにしました。

 出発当日の僕のバイクは、前週のツーリングで修理に出したままのため、茅ヶ崎に。なので、まずは電車でバイク屋へ。そして戻ってきて集合場所へ直行。
160514105026393_photo_2
 川崎大師、です。関東厄除け三大師の一つ、効果絶大のはずです。本殿でお参りをしっかりしたうえ、撫でて厄払いする像もあったので、指やら足やら頭やらいろいろとなでてきました。
 そういえば昼前だったからか、そんなに混んでもなかったです。有名な松屋総本店のせき止飴と、住吉の久寿餅食べ、次に向かいました。
160514114151927_photo_5
1463406988363
 首都高横羽線→湾岸線からの、東関道経由で、成田山新勝寺へ。湾岸線/東関道は車線が広いけど運転が雑な車が多く、バイク乗ってると結構疲れます。普通に幅寄せするやついるし。。なんなんだろう。。。
 実は初成田山でした。思ったよりでかくてびっくりです。川崎大師とならぶ厄除けの名所?ですが、こちらはまた違った趣のあるお寺です。山、です。
 Dsc_0491
Dsc_0493
1463406957499
 本堂の中に入って座っているとちょうど御護摩が始まりました。お坊さんたくさん出てきて祈祷するので結構な迫力です。参拝者が次々にカバンをお坊さんに預け、火にかざして返す、というのをひたすら繰り返してました。帰って調べてみると、「御護摩の火」にかざしてご利益をいただける、ということのようでした。
 もちろん、ここでもしっかりと厄払いしてもらいました。
 そして早めの夕ご飯です。成田山の名物はなぜかウナギのようなのですが、食べられないのでお茶漬け。天ぷらのってます。
Dsc_0494

 一日で二大厄除け処をめぐるツーリングでした。きっとうちの担当は安泰な日々を過ごせることでしょう。。。
1463406925710


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

警告灯ツーリング(4年ぶり2回目)2016.5.6-7

 GW真っ只中、Mさんと伊豆ツーリングを企画しました。
 いつもバッテリー上がりで朝困ることが多いので、今回は前の週にバイクも動かし、バッテリー上がりや空気抜けもないことをチェックして、準備万端にしました。天気は・・・、GW前の週間天気予報では雨回避予報でしたが、前日の段階では当日午後からちょっと怪しい感じに。でも1mm程度の雨のようだったので、そのまま決行です。
 朝10時、Mさんのレンタルバイク屋に集合。そのまますぐにツーリングスタートです。
 ・・・スタート早々僕のバイクに怪しい警告灯点灯。4年前の悪夢がよぎります。ただ、点いたり消えたりなので、そのまま走りつつ、行きつけのバイク屋に向かうことにしました。ちなみに、この二つ↓
L1_2
L2_2
 エンジンとバッテリーの警告灯です。冷静に考えれば明らかに変なのですが、どういうわけかそれなりに走れるかもと楽観的になってました。きっと朝は天気が良かったからでしょうか・・・。
 とはいっても、バイク屋まで30km程度。何とか走って持ち込み完了しました。見てもらった結果、バイクからバッテリーに充電するオシレーターが壊れていて、走っても充電されない状態だったようです。そのうち止まっていたかも・・・・。バイクはそのまま1~2週間程度入院でした。 でもツーリングは行きたい。運よくレンタルバイクの空きがあったので、CB250Fに乗り換え、続行しました。(代車もあったんですが、50ccだったのであきらめました。)

 西湘バイパスを西に向かい、ターンパイクで箱根を駆け上がります。前も後ろも車がいなく、快適でした。GWだけど平日だから?と思ったんですが、山を登っていくほど霧と雨が強くなってきました。そういうことか。。。
 伊豆スカイラインで南下する予定でしたが、そのまま国道1号を下り、三島から伊豆縦貫自動車道・伊豆中央道・国道136号で南を目指します。霧はなくなりましたが、雨がずっとパラパラと・・・。当初予定では、伊豆の真ん中あたりのワインディングを楽しむ予定でしたが、路面も濡れているので、あまり寄り道せず、国道414号を進み、道の駅天城越え→天城トンネ→ループ橋→河津へ。
 海に出てから国道135号を北上し、伊豆オレンヂセンターで休憩です。ここの名物ウルトラオレンジジュース、めちゃくちゃうまいです。自家製ミカンをそのまま絞り、はちみつをたっぷりと入れたおいしいジュースです。
160506163758722_photo_2
 糖分補給もしたところで、伊豆高原に向かい、暗くなる前に宿に到着しました。
 夕食は伊豆高原ビール本店で。新鮮な海の幸が満喫できいます(僕は豚食べましたが)。バイクじゃなければ地ビールも。。。
Dsc_0487_3

 2日目、雨は止み、快晴です。朝から露天風呂も入って気分よくスタートです。今日はひたすら国道135号を北上です。海を右手に見ながらのツーリング、最高です。
160507095300269_photo_2
 熱海あたりから昨日あきらめた箱根へ県道11号を登っていきます。が、登るほど霧が濃くなり風が強くなります。熱海峠に着くと、視界数十メートル+バイクが浮きそうな風・・・・・。熱海に戻りました。
 再び135号を北上し、小田原から箱根に再アタック。こちらは気持ちいいくらいの晴れ。箱根は場所によってほんと天気違いますね。
 仙石原の腸詰屋でランチです。イートインコーナーでハム・ソーセージが食べられます。ソーセージが新鮮で油もあまくてめちゃくちゃうまいです。ここもお勧めです。
Dsc_0489_2
 おなかも満たされたところで、国道138号を御殿場に抜け、国道246号→県道71号→県道62号で茅ヶ崎まで戻りました。レンタルバイクを返しに・・・・。
 バイク屋からは電車で帰宅。ツーリングなのに。
 ヘルメット跡のついた坊主頭に帽子をかぶり、タンクバックを抱えて電車帰りました。ツーリングなのに。

※いろいろありましたが、それもまた楽しかったです。CB250Fは単気筒のドコドコ感も楽しめたし、軽くて乗りやすかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

圏央道開通記念 秩父満喫ツーリング 2015.5.1

 約半年ぶりのツーリングです。冬眠から目覚めるときはだいたい何かが起こるのですが、今回もやはり起きました。
 圏央道開通記念企画のツーリング、集合場所は圏央道厚木PA8時です。余裕をもって5時半起きからの準備万端でバイクに向かいます。バッテリーブースターも満充電にし、バイクのバッテリーにつないでセルを回すわけですが、まわりません。。。バッテリーブースターの充電が不十分で電圧が足りないみたい。さんざんあがきましたが、結局JAFを呼びました。1時間以上待ちだったので、Oさんに遅刻する旨連絡・・・。二人ツーリングなのに大変申し訳ない!! JAF到着後エンジンはスパッとかかり、そのままかけっぱなしでツーリングスタート。結局1時間半ほど待たせてしまい、厚木PAに到着しました。

 さて、今回のツーリングですが、圏央道開通記念で小鹿野方面へのツーリングです。出発が遅れてしまったこともあり、一気に第一目的地の小鹿野へ。厚木PAから青梅ICに一気に北上します。圏央道はひたすらカーブとトンネルな感じですが、それでも快適そのものです。青梅ICを降り、県道44→28号線からの、53号線成木街道で秩父方面に向かいいます。(ちなみに、ガソリンスタンドがしばらくないので、青梅で給油していくことをお勧めします。)
 成木街道は程よいワインディングで、初夏の木々を抜けていくのもとても気持ちが良いです。正丸峠を抜け国道299号にはいると、川沿いの田舎道になり、また違った気持ちよさが味わえる良い道です。秩父の街中に入る途中、羊山公園が大渋滞。どうも芝桜がきれいな時期だったようです。急な渋滞も抜け、秩父駅前を左折、県道208→72を抜けて再び国道299号で小鹿野に向かいます。小鹿野町は日本で唯一オートバイによるまちおこしをやっている町です。なにかと煙たがれるオートバイですが、それなりの人数で移動することが多いし、出先でお金を結構使うので、こういうのありだと思います。

 そして第一目的地、安田屋です。ごく普通の民家のような店構え。表札は小泉さんと書いてあるので、人が並んでいないとわからないくらいです。一応、街頭には安田屋と書いてありますが・・・。
1430560920731
 11時半くらいでしたが、すでに20人くらいの列。さらにそのあと10人くらいの団体が2組来て、早々に昼の営業終了していました。結局、1時間くらい待ってのわらじとんかつです。
20150501133004_photo
 これはうまいです。ごはんととんかつ(普通で2枚)がのっかっているだけのシンプルな丼です。肉は薄めでかみ切れるくらい。衣も脂ぎってるようでそうでもなく、独特の甘いタレがかかっていて、これだけのボリュームでも飽きることなくサッと食べられました。並ぶのもよくわかります。
 そして食後のコーヒーを飲もうと思って入ったお店、MOTO GREEN-G。店内はかっこいいバイクが飾ってあり、バイク乗りのオーナーさんがおいしいコーヒーをいれてくれます。
20150501141504_photo
 近くで湧き出る「毘沙門水」でオーナー自ら入れてくれるプレミアム珈琲、うまいです。
 そして同じく毘沙門水で作ったかき氷↓
20150501135516_photo
 毘沙門水をゆっくりゆっくり凍らせ、うすーく削った雪のような氷です。ココ行ったときは絶対にお勧めです。
 オーナーとバイク談義をしつつ、再出発です。オーナーから毘沙門水が汲めるところが合角ダムの先にあると教えてもらい、そこに立ち寄りました。
20150501150814_photo
 質素です。が、2Lのペットボトルを持ってきて大量に持ち帰る車もいました。たしかにおいしかったからな。。。。
 毘沙門水をペットボトルに少しだけいれ、再出発です。県道71号を少し戻り、37号を南下→国道140号を西へ。秩父湖にぶつかる交差点で標識を見ていると、三峰神社の案内が。Oさんと信号待ちの間に話し、急遽立ち寄ることに。右折です。
 三峰神社、圧巻です。秩父のかなりの山奥に、突然カラフルな神社。かなりのパワースポットのようです。
20150501162702_photo
Dsc_0093
Dsc_0096
Dsc_0097
Dsc_0101
 三峰神社のすごさに圧倒され、見とれてしまいました。

 で、そんなこんなで時間が経っていて、この時点で17時半くらい。帰路を急ぎます。国道140号に戻り西へ向かい、雁坂トンネルを抜けて一気に山梨へ。そして最終目的地のほったらかし温泉。日の入りには若干間に合いませんでしたが、山の向こうに沈んだ太陽の明かりでやまの稜線がくっきりと浮かび上がり、トワイライトな雰囲気のなか、温泉で疲れを流しました。しばらくすると夜も真っ暗になり、山梨の夜景を眼下に見ながらの温泉満喫です。ここ、温泉が2つあり、日出が見たいときと日の入りが見たいときでオススメの温泉が変わるようです。今回は「こっちの湯」でしたが、日出は「あっちの湯」がオススメでした。

 夕食も温泉で食べ、夜も遅くなってきたので一気に帰宅です。中央道勝沼ICから八王子JCT経由で東名で帰ってきました。帰りも圏央道さまさまです。渋滞も疲れも何もなく、以前の半分くらいの時間で山梨からかえってこれました。

 久しぶりのツーリング、振り返ってみれば総行程411kmのロングツーリングでした。
 おなか一杯、パワーももらい、疲れも流しとってのツーリング、かなり満喫できました。ちょっと長いけどオススメコースです。
 あ、次はバッテリートラブル無いように気を付けよう。。。

総行程411km
走行距離6647km


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

関東関西合同浜名湖ツーリング2014.11.1-2

※4か月も前の話ですが、ようやくブログ書きました。。。。

 ツーリングにはもってこいの季節です。そして毎年恒例の一泊ツーリングです。
 今年はなんと、関西のツーリングチームと浜名湖で合流して一緒に走るという、合同ツーリング企画です。期待の若手が企画し、関西と関東をつないでくれました。ありがとう、Tさん!

 天気予報が降水確率50%以上だったら中止することにしていました。若干怪しい感じがありましたが、なんだか気持ちがみんな高ぶっていて、晴れにかけて決行しました。
 中井PA集合で、新東名経由で浜名湖方面に向かいます。・・・途中、豪雨。そしてシートが外れそうになるというなんとも修行な状態でした。前日、シートバックを付けるためにシートを止めているネジをディーラーで緩めてもらったんですが、そのまま帰宅してしまったので、どこかで脱落しちゃったのです。シート止まってないままで走るとあぶないですよ、ほんと。Oさんに自転車チューブを借り、シートを車体にぐるぐると括り付けて安定させました。助かった・・・ありがとう、Oさん。
 安定してから新東名を浜松いなさJCTまで進んでそのまま東名方面へ。三ヶ日JCTからちょっと戻って浜名湖SAへ。結構な雨の中、SAにはたくさんのバイクが停まっていました。そこで関西の皆さんと合流。初対面多数ですが、趣味が共通というだけでなんだか親近感がわいて、すぐに集合写真撮ろう!となりました。
10426553_10203867146571377_77689153

 その日、本当は浜名湖一周の予定でしたが、雨がすごいのでそのまま宿に直行。温泉で温まってからさっそく宴会です。関東組5人だったし関西組はすごい面子がそろっていたので、宴会前に部屋でビールを一気に飲んで宴会に挑みました。そこで関東組代表挨拶をすることになったんですが、ビールが回って手がぶるぶる震えていました(笑) まあ、緊張はしなかったからいっか・・・・(^_^;)
 宴会では、それぞれのバイク遍歴やら趣味やらの話をし合いました。こういうのを聞くだけでもその人の人となりもわかるし、さらに親近感をもてました。その後、トイレに立って戻る人が次々とコスプレ姿に・・・仲居さんが外で捕まえてはコスプレさせて戻すという何とも言えない演出。気づけばコスプレで大笑い+トイレ我慢大会になっていました。腹がよじれるかと思うくらい笑いました。それにしても関西組は勢いがすごいな・・・。勉強になりました!
1395277_10203867146971387_592423626
 宴会1次会の後は、関東組男子部屋に集まって、さらにバイク談義。かなりのバイクマニアックな話になっていたと思います。都合5,6時間くらい話したような気がします。それでもまだ足りないくらい。

 翌日は、1日目にできなかった浜名湖畔をぐるりと半周くらい。そしてもちろんウナギ屋へ。
Dsc_0300
えーと、僕はウナギ食べられないのでエビ天定食で!
Shareimage20141102_120011

 ここで関西組とはお別れ。それぞれがまた何百キロもかけて家路についたのでした。普段関西と関東に住んでいる仲間が、浜名湖に集合して遊ぶという、すごいツーリングでした。あっという間の2日間であり、ものすごく貴重な2日間でした。
 記念にみんなでバイク写真!
Dsc_0294
1779834_10203867146131366_552554260

 また行きましょう、皆さん!

総行程598.4km
走行距離6181km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

伊豆半島ほぼ一周ツーリング 2014.8.3

 夏、暑い、バイクはもっと暑い・・・ですが、めげずにツーリング行ってきました。
 今回はTさん企画の室岩洞探検ツーリングです。
 "朝7時、西湘SA集合"でちょっと早め。いつもバイクのエンジンのかかりが悪いので、早めに起きて準備してエンジンかけたところ、一発でかかりました。ラッキー!!と思いつつ、調子に乗ってすいすい運転していたら、集合時間のほぼ1時間前に到着・・・・。完全に時間を見誤りました。せっかくなので朝日の写真を・・・↓
Dsc_0169
 晴れ、です。これは暑くなりそう・・・・。
 集合時間7時を前に続々と集まりだし、今回も皆さん遅刻なしで集合。素晴らしい!。集合したらさっそくスタートです。西湘バイパスから箱根方面に向かいつつターンパイクへ。この時間はまだまだ空いていて、あっという間の大観山ビューラウンジです。
Dsc_0172
 本日のバイク↓ 6台。そのうち白バイ2台。赤系2台、黒2台。きれいに別れました(笑)
Dsc_0174
 あ。そういえば、 なんかイベントやってましたよ↓
Dsc_0173_1
 こんな車が沢山いたので、駐車場でバイク止めるのにやたらと緊張しました。倒したらアウトだし・・・。
 で、再び出発です。今度は伊豆スカイラインをひたすら南下。ずーーーーっとガソリンスタンドが無い道なので、一人ひやひやしながら(僕のバイクはタンク容量が7.9L)の行程でした。伊豆スカは景色もいいし路面もいいし、てきどなワインディングロードだし、とても気持ちがいい道です。亀石峠ICをで降り、県道19号を西へ。そしてぎりぎりガソリンランプがつきながらのガススタ。距離感ピッタリすぎます、幹事!
 給油を済ませ、県道80号を南へ。細い川沿いで住宅街を抜けるいかにも伊豆な道です。修善寺まで抜け、今度は国道136号から414号を南へ抜け、「道の駅 天城超え」へ。
 ここに来たからには、もちろんわさびソフト。
Dsc_0178
 しかも生ワサビ。
Dsc_0177
 おばちゃん、わさびサービスしてくれまして・・・・・。辛すぎました(笑)
 その後、天城峠を抜け、ループ橋をぐるぐる回って下り、県道15号を西へ。若干寂しくなるような山道を不安になりながら進み、昼食ポイントへ。
Dsc_0179
小邨 (こむら) (そば / 松崎町その他)
評価:★★★★
 職人さん自らそばを打ち、接客し、調理し、会計までするという、何ともアットホームなお店です。12時前には打った蕎麦を出し切ったようなので閉店していました。30枚くらいかも。
 そして早めの昼ごはんを食べ、さっそく室岩洞へ。
Dsc_0180
 道沿いのこの看板だけが頼りです。それくらい車道からは洞窟に続く道がよくわかりません。
 で、草が生い茂る道を歩いていくと、こんな↓
Dsc_0181
 夏ですが、涼しいです。でも湿気がすごい。そして中はよく見ると天井にコウモリが沢山!コウモリの数にビビっていたら写真撮り忘れました。。。。
 洞窟で涼んだところで、帰路につきます。夏の伊豆からの帰宅はどこを通っても渋滞が予想されますが、今回はそれでも空いているであろう東名に行くため、ひたすら国道136号を北上です。と、その前に栄養補給。国道136号から県道17号で海沿いを走ったところで、フルーツランドギャラリーです。「静岡産メロンをふんだんに使ったメロンパフェ」を求めて5年前にも来たんですが、その時は季節的に「いちごパフェ」だったのです。今回こそは!と思っていってみたところ、「メロンパフェ」でした。5年越しの願いがかないました。
 もう、見た目からメロンだけで勝負します!!というかんじですが、ほんとにおいしいです。メロン、生クリーム、メロンシャーベット、以上。ちょっと高めですが、ほんとうまいです。
Dsc_0185 
 ちなみに、ここも気を付けないと通り過ぎちゃうくらい車道からはよくわからないところにあります。カーブの途中に駐車場が見えるくらい。
 ここで結構な時間となり、一気に帰宅です。県道17号→県道18号→県道127号→県道17号で海沿いを走り、伊豆中央道→国道136で新東名長泉沼津ICに乗り、帰宅しました。ちなみに、東名は事故渋滞50km。。。。手がつりそうでした。。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

桜祭りツーリング2014.4.12

 もう二か月も前になりますが・・・・桜を見にいったツーリングのことを書こうと思います。こうやってブログにしておくと後でコースの確認ができたり、検索でひっかけて見て参考にしてくれる人がいるのです。
 今回は、入社2年目の女子ライダーが参加してくれました。研修の懇親会で「バイク乗ります!ツーリング行きましょう!」という熱い挨拶をしていたので、おっさんばかりだけど一緒に行きますかー!という話になったのです。そんな皆さんと大黒PAで集合です。ここ、PAのサイズの割にバイク置き場が小さいです。台数多いときの集合の場合は大型車側のトイレ前がお勧めです。
 で、そこから一気に首都高を北上します。時間帯的にTDR渋滞を若干かすめつつ、湾岸線→辰巳JTC→9号線→6号線、そして常磐道守屋SAへ。このへんは微妙に渋滞があったりトラックの運転が荒かったり、結構試練でした。あ、浅草あたりは景色もよく、気持ちよかったです。
 で、守屋SA。休んだスタバがモバイルカード導入初日だったようで、初利用者になっちゃいました。店員さんも大はしゃぎ(笑)
1012901_10202845365549394_369886346
 で、北上します。土浦北ICで降り、国道125号→→県道199号(フルーツライン)とのどかな道を走ります。周りにはフルーツ狩りが楽しめそうな果樹園が沢山ありました。高速からそんなに遠くもないし、いくつも果樹園があるし、季節が合えばここには来てみたいなと感じるところです。で、その後県道64号からの国道50号。一気に周りがひらけました。
 コンビニで一休み。今回ののバイクたち↓
Aaaaa
 7台いると結構な感じになりますね。
 そして目的地の磯部桜川公園へ。近くの小学校を駐車場で解放し、そこから桜並木を通り、公園へ向かいます。東京では桜は散っちゃってましたが、ここは若干散りはじめながらもまだまだ咲いていました。
1536594_10202846759024230_477010398
 地元の子供たちが着物で練り歩いたりり、お年寄りたちが琴や踊りを披露したり、なぜかよさこいもあったり、雑多で楽しいお祭りでした。そんな中、宴会をしつつ、イカたべたりコーヒー飲んだり。
Dsc_0502
 今年は花見もあまりできていなかったので、この桜祭りを満喫できてかなり満足でした。
 桜を満喫したところでいい時間にもなったので、帰路を急ぎます。国道50号から筑波山を左にみながら県道41号をずっと南下します。途中国道125号から国道408号を通り、つくば研究学園都市のいろんな広大な研究所を見つつ、栄養補給地点へ。
 フランス菓子工房 コートダジュール。つくば駅近くが本店のようです。Oさんがお取り寄せでよく食べていたそうで、かなりのオススメ店とのことで行ってみました。店内で食べたいケーキを選び、オープンカフェ的なところでそのまま食べることができます。
Dsc_0505

Dsc_0508
 うまいです。かなりうまいです。クリームは甘みもあって濃厚だし、フルーツも山盛り。2個食べましたがまだまだ食べられました。そうこうして甘みでエネルギーをつけて少し休んだところでそろそろ薄暗くなってきました。帰りは渋滞すごいだろうなと想像がついたので、そのまま一気に帰路につきました。
 ・・・ところが、そんなに混んでなかったです。なぜだろう?!まあいっか。

 今回の桜ツーリング、桜も食べ物も、そして何気に走りも景色もいろいろと満喫できるツーリングでした。1日でちょっとだけ長めのツーリングに行くには、つくばあたりはちょうど良いかなと感じました。またいい季節になってきたらふらっと行ってみようかな。


走行距離:317km
バイク総走行距離:5017km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

三浦半島一周ツーリング2014.1.19

冬のバイクはすぐバッテリーが上がります。だからこその充電ツーリングです。
今回は近場で。三浦半島一周です。
朝少しゆっくり目に集合ですが、予想通りエンジンかからず。で、秘密兵器でエンジンかけました。


バッテリーブースターです。
いざ出発!でエンジンかからなかった場合に本当に助かります。これをバイクにつなげてエンジンかければ一発です。ツーリングに持ち運ぶサイズではないですが、出発の時用に是非。

で、冬の晴れ空の中出発です。
16号を南下し、134号を通り、横須賀のくりはまはなの国へ。今の季節花はあんまりというかほとんど咲いてませんが、足湯があります。バイクで冷え切った体を温めるのには足湯が一番です。ハーブ入りの足湯でいいお湯でした。
足湯に入っている写真撮りましたが、まあおっさんの足なので省略(笑)

県道212号から国道134号へ。そして県道215号で三崎に向かいます。県道215号は海岸線を走る道でとても気持ちが良いです。
そして三崎の「魚音」で待望のマグロです。
Dsc_0424_2
Dsc_0423
店員のお姉さんお勧めの三浦丼。大トロ、中トロ、赤味、大トロ炙りなど、とにかくいろんなマグロが食べられます。食べ比べるとそれぞれのおいしさがあるのがわかりました。僕の好みは中トロっぽかったです。
Dsc_0422
中トロづくし・・・だったかな?たしか。これもうまかったです。

そしてお決まりの土産物屋。
Dsc_0427
土産物屋は店もたくさんだし、物も大きいし、見た目インパクトありますよね。やっぱり。

で、この日はショートツーリングだったのでこのまま流れ解散でした。
帰り道は134号をひたすら北上して戻りました。
せっかくなので、途中で一人マーロウ
Dsc_0428
プリンセット850円。今回は卵たっぷりの王様プリンにしました。もちろんうまいです。
相模湾と江の島越しの夕日を見ながら、まったりできました。

1月でしたがそこそこ暖かかったし、いいツーリングになりました。あ、充電もできたし。


総行程:94km


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

復興支援ツーリング三日目

 三日目。ひたすら南下して帰る日です。その前に泊まった厳美峡を朝から散歩です。
Dsc_0255
国の名勝天然記念物だそうです。両側がごつごつした岸壁になっている間をゆったりと川が流れているという、ありそうであまりない風景です。朝日に照らされた岩と川がすごくきれいでした。春は桜がさくみたいで、ここで花見をしたらさらに絶景だろうなと感じました。案内図もどうぞ↓
Tohoku_117
そして名物の「かっこうだんご」。崖の向こう側にある茶屋とつながっているロープを伝って団子が滑降してきます。かごに御代を入れ、板をたたいてお知らせすると、茶屋のおじさんがかごを回収します。で、代わりに団子を入れて戻してくれます。
ロープと茶屋↓
Dsc_0276
かご↓
Dsc_0277
左から、みたらし・黒ゴマ・こしあん、です。で、お茶も3杯。↓
Dsc_0279
団子、おいしいです。アトラクション的な楽しさもありますが、団子の味もおいしくて、二度満足です。

 そして一関インターからひたすら帰宅です。行きと同じSA/PAで給油をしながら、とにかくひたすら帰ります。こういう時、排気量が大きい+ウインドシールドの恩恵を感じます。楽、です。でもやっぱり車よりは体力使います。休み休みで走り、結局8時間ちょっとで自宅につきました。

 今回のツーリング、いろんな意味でとてもいいツーリングでした。こうやってブログに書いておくと、自分でも読み返せるし、ツーリング仲間にも報告できるし。そして、検索などでこのブログにたどり着いたみなさんへのサンプルプランにもなるし、東北にもっとたくさん観光客が増えるといいなと思っています。

走行距離:3日間で1186km
バイク総走行距離:4120km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

復興支援ツーリング二日目

二日目。
ホテル企画の語り部バスツアーに参加しました。気仙沼在住のホテルスタッフが、実体験とともに被災地を説明してくれるツアーです。その名の通り、現地の方の生の声で、その時から今までのことをいろいろと教えてくれます。ニュースなどで見聞きする内容はなぜか美化・美談にされてしまうことが多いのですが、実際の声は本当にずっしりと響きます。
Tohoku_051
南三陸町の防災対策庁舎です。取り壊しが決まったそうです。でも、、地元の方は、亡くなった方のためにも今後の防災のためにも、建物が無くなってもここで起こったことは語り継がなければならないと言っていました。ビルの上にあるアンテナの途中くらいまで、ものすごい勢いの津波がきたそうです。屋上に逃げた方でも、この棒にしがみついた方でも、半数くらいの方は手が離れて流されてしまったとのことです。
 ここのビルのほかにも、気仙沼のいくつかの場所で、その時のことや避難生活のこと・今のことなど、いろいろと教えてくれました。
 このツアーを終え、チェックアウトをし、改めて南三陸の街を歩きました。
Tohoku_058
 遠くにさっきのビルが見えますが、街全体は↑のように建物はほとんどなくなってしまいました。水たまりのようになっている部分がありますが、雨が降ったからではなく、全体が地盤沈下したために海水が引かないそうです。町全体が海水の水たまりになってしまっているような感じです。
 商店街だったところには、こんな跡もありました↓
Tohoku_059
津波避難経路のサインです。遠くに見える山に逃げるための距離と経路が示されています。そこまでしっかりと対策があっても、あれだけの被害になってしまうのだなと実感しました。語り部ツアーで教えてもらったのは、天災でもあり人災でもあったということでした。すぐに逃げるという判断をした人は多くが助かり、どこかで大丈夫と思ってしまったり、避難経路や避難の仕方を理解していなかった人は残念な結果になることが多かったとのことです。「天災が起こったらとにかく逃げてください。そのあとは苦しくてもなんとでもなります」という言葉が強く心に残っています。
 その後、国道45号を北上し、気仙沼へ。
Tohoku_070
第十八共徳丸です。海岸から1キロ以上、港からは数キロも離れている場所まで船が流されてきていました。すでに取り壊しが始まっていて、船体上部はもうなくなっていました。写真右側に街だった場所が見えますが、建物の基礎だけが延々と残っている街並みになっていました。
Tohoku_071
鹿折唐桑駅脇の線路です。右側は何もなく、左側はなんとか津波から逃れたようでした。
 そして、気仙沼商店街で昼食をたべました。仮設店舗で頑張っているあさひ鮨
Tohoku_077
↓名物のふかひれ鮨。ちょっと高いですが、食感とほんのり味付けしてあるふかひれが絶品でした。
Tohoku_075
あと、ちらし寿司。
Tohoku_074
もちろん握り寿司もありました。おいしかったそうです。僕は海鮮系は苦手なものが多いので、食べられるもので構成されていたちらしにしました。こちらももちろんおいしかったです。ということで、たくさん食べて復興支援しました。
その後、気仙沼本店のコーヒーチェーンでコーヒーを飲みつつ、国道284号を西へ進み、平泉へ。
Dsc_0246_1
Tohoku_081
中尊寺金色堂↓奥の建物の中に金色堂が入っています。建物in建物です。
Tohoku_088
中尊寺自体はそれほど広くないのですが、この中尊寺も含めてあたり一帯で世界遺産になっています。
いろんなお寺・神社などが集まっているのですが、なかでも峯薬師堂は目にご利益がある珍しいお寺でした。で、お守り↓
Dsc_0285
オススメです。

この日は一日じっくりと観て回ったので、約100kmの移動で夕方になりました。そのまま厳美峡のホテルに向かい、ゆっくりと休みました。

三日目に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月30日 (月)

復興支援ツーリング一日目

 去年は警告灯が出て無念のリタイアした秋恒例の泊りのツーリング、今年は東北方面復興支援ツーリングです。
 被災地にボランティアに行った友人が地元の人に聞いてきたのは、今はとにかく経済活動が盛り上がることが大事だということ。そんな意味も込めての、お腹一杯食べて温泉使って沢山巡るツーリングです。
 朝6時蓮田SA集合。いつもみんな多少遅刻するのに、この日は5分前には全員集合です。実は、僕のバイクのタンクが小さく(7.9L)て100km走ると燃料灯が点くので、計画は100kmごとに給油を兼ねての休憩タイムがしっかり盛り込まれていました。さすがIがらし課長!。
 蓮田SAは関東から北に行くツーリングの待ち合わせにみんな使うようで、バイクだらけでした。軽く朝食を食べ、次の給油ポイントの上河内SAへ。上河内SAはそんなに大きなSAではないですが、なぜか珍しい白バイ・パトカーが大集合。なんかイベントあったのかも?

 GoldWingの白バイ
Dsc_0194

 Zのパトカー
Dsc_0193

 NSXのパトカー
Dsc_0192

 ちなみに、今回の4台
 Dsc_0195

 そしてタンクの小さなバイク
Dsc_0197

 その後、安積PA→菅生PAと給油しつつ、富谷JCT→仙台北部道路→仙台東部道路→三陸自動車道を経由して石巻の最初の目的地「島料理 友福丸」へ。もともとは北上川河畔にあったんですが、あの津波で流されてしまったそうです。そして今はトレーラーハウスの仮設店舗でがばっているお店です。沢山食べて応援しました。
Dsc_0203
 大きな海老フライ3本の海老天丼です。
Dsc_0202
みんなは新鮮な海の幸たっぷりなものを頼んでいました。味はもちろんおいしいです。海老フライは、衣はサクサクで実もしっかり詰まっていて、味だけじゃなくて食べ応えのある丼でした。
 お腹一杯+長距離移動の疲れも多少取ったのち、石巻港へ。魚市場だったと思われる建物↓
Tohoku_013
Tohoku_014
 建物が残ってはいますが、港一帯が地盤沈下したり津波で壊されたり、そんな風景でした。
 そして国道398号を通って女川へ。鉄筋コンクリートなのに根こそぎなぎ倒されたというこのビル、そして周りの建物は基礎を残してごっそりと流れれたそうです。きれいな海が山のようになって迫ってきたとのこと、想像もできません。
Tohoku_022
 遠くの山の中腹より下側、草になってますが、そこまで津波が着たそうです。写真を撮っている位置は、女川の病院がある山の上でしたが、そこまでも津波きたようで、数十メートルにも上る高さだったそうです。
Tohoku_023
 何度も何度もニュースや写真・動画サイトなどで観た風景ですが、自分で実際見てみるとその被害の大きさを実感し、体が震えました。慰霊碑があちらこちらにあり、その時のことを思うと胸が詰まる思いでした。
 その後、海沿いの道を気仙沼方面へ。とにかく堤防などはほぼ壊滅、沿岸も地盤沈下で沼のようだし、橋はほぼ100%仮設の橋です。北上川の比較的主要な堤防部分がようやく整備され始めたような進捗でした。
 そして志津川湾を見下ろす南三陸ホテル観洋に到着。なお、震災直後は避難所としての利用され、地元の方々が生活をしていた場所そうです。
 ここは温泉も出て、山の上の露天風呂で疲労回復しました。夕食は生きたアワビのバターしょうゆ焼き(ちなみに僕は食べられません)や海の幸たっぷりのおいしくて豪華だし、部屋も設備もきれいな、立派なホテルでした。ここでもたくさん食べてたくさん遊んで復興支援です。

 部屋からの風景。志津川湾とカモメと朝日。
Tohoku_039

 とても快適なホテル、一日で545km走った疲れもきっちり取れました。

 二日目へ続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧